中区・西区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS㉙ 食品廃棄物による電力活用 パシフィコ横浜、循環型エコシステム導入

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
廃棄物の100%リサイクルをめざし分別を徹底
廃棄物の100%リサイクルをめざし分別を徹底

 会議室や展示場、ホテルを1カ所に集約した「オール・イン・ワン」をコンセプトに設計された国内最大級の複合MICE施設「パシフィコ横浜」。今年8月から食品廃棄物を使って発電した電力を活用する循環型エコシステムを導入した。

 施設内で廃棄された食品をメタン発酵させて発電し、その電力分を臨港パークで使用するというもの。

 これまでも協力を得てきたJFEエンジニアリンググループの新しいサービスを利用した。産業廃棄物を燃料として発電し、その電力を発生元施設に提供する場合に、廃棄物の処理量に応じて電力料金を割り引くというサービスで、2017年4月に開始。パシフィコ横浜では同サービス開始当初から、汚れたプラスチックなどの廃棄物処理に同サービスを活用してきたが、このほど食品廃棄物においても導入できることになった。

MM地区への広がりに期待

 パシフィコでの年間食品廃棄物の排出量は約20トンを見込み、その廃棄物からの発電量により、電気使用量約8700kWh相当をまかなう計算だ。臨港パーク内の外灯やトイレ、駐車場などに使用される。9月20日開幕のラグビーW杯期間中は、大型スクリーンによる「ファンゾーン」が設置されることもあり、そこでも循環型の電気が役立つことになる。

 同施設では「食品廃棄物による発電量はごくわずかですが、循環型エコシステムに取り組むことで、サスティナブル(持続可能)な施設運営の実現を目指していきたい」と話した。また、このような環境への負荷を抑えた取り組みがみなとみらい21地区に広がることも期待する。
 

中区・西区版のコラム最新6

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(2)

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

横浜疫病史から

4月30日号

横浜開港と感染症との闘い

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(1)

横浜開港と感染症との闘い

横浜疫病史から

4月23日号

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

地域クラブYSCCのいま 理事長コラム

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

【web限定記事】

4月23日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月19日号

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

本牧 気まぐれ歴史散歩 33

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

3月5日号

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

本牧 気まぐれ歴史散歩 32

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

2月13日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:15更新

  • あっとほーむデスク

    5月23日17:06更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク