中区・西区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

中区の自治会役員ら12人 ウェブ会議に挑戦 新型コロナ感染対策で

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
会議に臨む役員ら
会議に臨む役員ら

 中区の仲尾台・豆口台・滝之上自治会(濱倉幸雄会長/472世帯)の役員ら12人がこのほど、ウェブ会議に挑戦した。新型コロナウイルス感染症対策で活動を控えるなか、役員の1人が通信環境を確認した上で各役員らに参加を呼びかけたことで実現。「ウェブ上での会議は若者が自治会活動に参加するきっかけになるのでは」と期待する。

 新型コロナの影響による自治会活動の自粛が始まったのは3月。毎月第1土曜日に実施していた役員会や3月の期末総会、5月に予定していた定期総会が中止となったほか、防犯パトロールなどの行事も感染症対策で実施できずにいた。

 役員会は50代4人、60代3人、70代5人の計12人が参加。それぞれ自宅からPCやタブレットなどの端末でアクセスし、全員の顔が見える形で会議が実施された。同会の総務兼会計を担当する50代の役員が「コロナ禍だからこそ自治会での情報共有は必要だ」とウェブ会議ツール「Zoomミーティング」の活用を提案したことがきっかけだ。

「全員を繋ぐ 」

 役員会は5月16日に開催。PCなどの端末を使うのが慣れていないメンバーもいるなかで、提案した役員は一人一人電話などで連絡を取りながら、ウェブ会議ができるまでフォローを行った。その結果、16日には全員自力で会議に参加できるようになった。「ウェブ会議を実行するためには、1人も欠けることなく会議に参加できる環境を作らないと実現できないと思った」と話す。

 会議では、敬老のお祝いや学校再開時の交通整理、自治会のイベントをウェブ上で開催することなど新型コロナ対策を取りながら活動を進めていくやり方を検討した。会議に参加した役員らは「しばらく集まることができなかったので不安があったが解消した」「実際に会って話したのとほとんど変わらない」と感想を話した。

 6月もウェブで会議を実施していく予定。現在は役員会以外でもそれぞれの部会でウェブ会議でのやりとりが進んでいるという。提案した役員は「参加者の皆さんが前向きだったから実現できました。ウェブ上での自治会イベントも実施していきたい」と笑顔で話す。

 濱倉会長は「ウェブ会議では誰でも参加しやすく開かれた町内に向けた一歩となる。自治会行事には不参加だった若者も来てくれるのでは」と期待を寄せる。

中区・西区版のトップニュース最新6

世界の朝食レシピ本、完成

世界の朝食レシピ本、完成 社会

異文化理解に 西区の団体

7月16日号

関内駅前に交流サロン

関内駅前に交流サロン 社会

地域づくりで介護予防に

7月16日号

横浜新市庁舎に開業

市民協働推進センター

横浜新市庁舎に開業 社会

地域団体などの活動拠点に

7月9日号

官民協働で藤棚再生へ

官民協働で藤棚再生へ 社会

西区8公園で剪定開始

7月9日号

和泉屋の秋津さん受賞

県民功労者表彰

和泉屋の秋津さん受賞 社会

県ふぐ協会での尽力たたえ

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 社会

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月13日21:30更新

  • あっとほーむデスク

    7月13日21:10更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月16日号

お問い合わせ

外部リンク