中区・西区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

関内駅前に交流サロン 地域づくりで介護予防に

社会

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
服部理事長(左)と山野上副理事長
服部理事長(左)と山野上副理事長

 中区を拠点に活動する認定NPO法人・横浜移動サービス協議会(服部一弘理事長=人物風土記で紹介=)が7月29日、関内駅前の商業施設セルテ11階にコミュニティサロンを開所させる。同サロンは介護予防推進を進める地域の居場所。山野上啓子副理事長は「色んな人が集まる拠点となれれば」と話す。

中区初の通所型支援

 同サロンは、横浜市が進める介護予防・生活支援サービス補助事業の一環。一人暮らしの高齢者や障害者など要支援者がサロンに訪れることで、見守りの強化など地域コミュニティの形成や介護予防に繋げていく通所型支援の役割を担っており、中区では初めての拠点となる。

 サロンの開催日には、主に書道やパソコン教室などのカルチャー教室をはじめ、ハンドメイド工作や紙芝居のワークショップなどが行われる。そのほか、関内駅前という立地を生かした周辺の散策や商業施設内の飲食店と協力した取り組みなど、既にさまざまな企画が進行中だという。

 関内駅前の商業施設セルテ11階に位置する同法人オフィス内での運営を始めるにあたって、中区社会福祉協議会、中区役所、不老町地域ケアプラザが連携し、昨年の秋頃から方針や内容が練られてきた。取り組みのきっかけとなったのは介護福祉士の資格を持つ山野上副理事長の思い。障害者に接するうちに「決まったことをただこなすのではなく、その人の能力や意思を反映させることができる環境があれば」と考えたという。

 その思いは同サロンでの運営方針に反映され、今後取り組みに利用者が企画した内容も盛り込んでいく。山野上副理事長は「足を運ぶ人たちが介護予防を目的とするのではなく、何かに挑戦する”自分たちが輝く場”になってほしい」と話し、同サロンは”始まり”という意味の「アペリティーヴォ」と名付けられた。

 同サロンは原則、毎週水曜日の午前11時30分から午後4時まで開所。参加・見学希望者は事前に連絡を。問い合わせは、同法人【電話】045・212・2863

中区・西区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter