中区・西区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

不老町の「文体」 58年の歴史に幕 五輪のバレー会場にも

社会

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 「文体」の愛称で親しまれてきた横浜文化体育館=中区不老町2の7=が9月6日をもって閉館する。1964年の東京五輪をはじめ卓球・体操・レスリング・プロレスでは数多くの大会が開かれるなど、58年間で延べ2700万人以上が利用した。

 現在の建物は取り壊され、跡地には7月に開館した横浜武道館(サブアリーナ)と対をなすメインアリーナが2024年に新築される予定だ。

 文体は1962年5月11日に開館。同23日には力道山の試合が開かれている。64年には東京五輪のバスケットボール横浜予選大会、バレーボールでは本大会の会場となった。また84年までは横浜市の成人式会場として、また中学・高校・大学などの体育祭や卒業式などの学校行事の会場としても利用されてきた。コンサート会場としても活用され、美空ひばり、石原裕次郎、小田和正、ゆず、海外からはクイーンやボン・ジョヴィなど410超のアーティストが公演している。

老朽化や多様なニーズ

 閉館は、施設の老朽化や様々なニーズに対応した施設整備の要望を受けてのもの。市は文体の建替えを関内・関外地域の回遊性を高めるプロジェクトに位置付けている。

 文体では閉館に向け写真やイラスト、エピソードなど「思い出」を募集した。10代から80代までの幅広い世代から118件の応募があり、その内容は文体のウェブサイトで公開されている。

 最後の館長となった宮田豊さんは「中区のランドマークとして愛されてきたことにお礼を言いたい。建物はなくなるが記憶に残しておいてほしい」と話していた。

 文体が位置する中区埋地地区連合町内会の阿部倫三会長は「東京五輪ではバレーやバスケの試合を観に行った。聖火リレーも懐かしい」と思い出のある文体閉館を惜しんでいた。

中区・西区版のトップニュース最新6

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

「つながり、元気づくりを」

中区長インタビュー

「つながり、元気づくりを」 政治

組織を越え、街一体で

1月6日号

イベント再開に意欲

西区長インタビュー

イベント再開に意欲 政治

対話激減に危機感

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook