中区・西区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

横浜市 水道料金値上げへ 7月利用分から1割増

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は7月1日以降の利用分から水道料金を改定する。20年ぶりの改定で、平均12%の値上げ。背景には事業を支える水道料金が年々減少する一方、設備更新や耐震化にかかる整備費が増加していることがある。

設備更新などの資金確保

 利用者から支払われる水道料金をもとに成り立つ水道事業。横浜市では事業の収入全体の約8割を水道料金が占めるが、2001年度の約789億円をピークに、節水機器の普及などから19年度には約694億円まで減少。この状況が続くと、設備更新の資金などとして積み立てる累積資金残額が20年度の約167億円から減少し、29年度には約618億円不足する見通しとなっていた。

 一方、市内には高度経済成長期に整備した水道設備が多く、現状で市水道局が管理する水道管の耐震化率は全体の約3割。今後も計画的な更新や耐震化が必要で、300億円台を推移していた施設等整備費が、今後は400億円以上必要になるという。

 これまでも事業の見直しや人員削減などによって経費削減を進めてきたが、こうした資金確保のために料金改定に踏み切った。市水道局担当者は「経営努力などでしのいできたが、非常に厳しい状況。安定的に水を供給していくためにご理解いただければ」と話す。

配慮や支払い猶予も

 今回の改定では給水管の口径毎に基本料金を決め、使用量に応じて従量料金を加算。利用者の約99%を占める口径13〜25mmの平均的な使用水量で月額111〜235円の引き上げで、9月の検針分から適用される。

 また、入浴料が法令で決められている公衆浴場に対しては、できる限り負担にならないように配慮し、一般用とは別で利用実績に応じた値上げ額を決めた。金沢区内の浴場経営者は「今後を考えれば仕方ないが、家庭同様では立ち行かない店も出てしまう」と話す。

 市は新型コロナウイルスの影響で支払いが困難な場合に、料金支払いを猶予する制度を実施。今年5月末までに2229件受け付けた。詳細はサービスセンター【電話】045・847・6262。

中区・西区版のトップニュース最新6

教育論文で最優秀賞

立野小

教育論文で最優秀賞 教育

若手教員の参加など評価

1月27日号

給食指導で文科大臣表彰

間門小

給食指導で文科大臣表彰 教育

教科横断的な学習が評価

1月27日号

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook