中区・西区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

MM21地区 電動キックボードをシェア 22年3月末まで実証実験

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
電動キックボートのイメージ(Luup提供)
電動キックボートのイメージ(Luup提供)

 みなとみらい(MM)21地区で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験が本日10月21日から始まる。MM21地区内の回遊性を高める交通ネットワークの充実などを目的とした実証実験で、横浜市と(一社)横浜みなとみらい21(YMM)、(株)Luupの3者が連携して実施する。22年3月末まで。

回遊性向上に

 電動キックボ―ドは、MM21地区内に設置されたポート(停留所)から乗車し、行先近くの指定したポートに返却できるシェアリングサービス。活用するには、専用のスマートフォンアプリ「Luup」をダウンロードし、会員登録や免許証登録、走行ルールの確認テストの合格が必要だ。初乗り10分110円でそれ以降1分ごとに16・5円が加算される。

 主要ポートの候補地としては、横浜ランドマークタワーやマークイズみなとみらい、新高島駅付近などを予定しており、順次拡大する予定。利用は同アプリから予約が必要。車道に加え普通自動車専用通行帯、自転車道などで走行が可能。道路交通法では、小型特殊自動車の扱いとなり、最高速度は、15Kmまで。

 この実証実験は、YMMやMM21地区内の企業からなる「MM21地区ビジネスエコシステム形成プログラム実行委員会」が進める事業の一環。東京都などでマイクロモビリティのシェアリング事業を展開するLuupが2019年度に公募事業に応募し、審査を通過したことで地区全体での実証実験へ発展した。今まで、同事業で14件の採択があったが、この規模で実証実験を行うのは初。市の担当者は「多様な交通手段を検討し、MM21地区内の回遊性を高めることに繋がる実証実験となれば」と期待する。

専用アプリのダウンロードは右記から
専用アプリのダウンロードは右記から
実証実験の対象エリア(横浜市提供)
実証実験の対象エリア(横浜市提供)

中区・西区版のトップニュース最新6

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月25日号

生活困窮者がリボン作成

中区寿町

生活困窮者がリボン作成 社会

コロナ禍、差別防止に一役

11月25日号

アートで街めぐり

初開催イベント

アートで街めぐり 文化

中区西区約80会場で実施

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

横浜でペコちゃん展

人形の家

横浜でペコちゃん展 文化

不二家創業の地で初開催

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込も減額調整

11月11日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook