中区・西区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

初開催イベント アートで街めぐり 中区西区約80会場で実施

文化

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手に同イベント幹事の3人(左から内藤正雄さん、大野愛さん、代表の田口竜太郎さん)
チラシを手に同イベント幹事の3人(左から内藤正雄さん、大野愛さん、代表の田口竜太郎さん)

 身近な"まちなか"にあるアートを楽しみながら市内を回遊するイベント「ミナトノアート2021」が11月20日から28日まで、中区・西区内のギャラリーや飲食店など、約80会場で開催される。

 今年初開催となる同イベントは、「アート」をテーマしたコンテンツを集めて発信することで、市民が街を巡るきっかけや新たな横浜の魅力を発見することを目的に、横浜市芸術文化振興財団が主催する。会場は山手から元町・中華街周辺、横浜駅周辺、山下公園から関内周辺の3つのエリアに分かれ、大人から子どもまで楽しめる展示やイベント、ワークショップなどが行われる。

 イベントの幹事を務めるのは、元町で寿司店兼ギャラリーを営む田口竜太郎さん=人物風土記で紹介=と中区内で飲食店やギャラリーなどを運営する内藤正雄さん、画家の大野愛さんの3人。コロナ禍で多くの店舗が休業中だった今年4月、同財団からアートイベント開催の打診を受け、白紙の状態から企画をスタート。地元出身の3人の人脈などを生かして街の店舗や企業に声をかけ、約半年という短い準備期間にも関わらず、最終的には80会場で実施する一大イベントになった。

 代表幹事の田口さんは「各店が元々持っているアートコンテンツを持ち寄って企画した手作り感も楽しんでもらえたら」と話す。

地元店知るきっかけに

 ギャラリーなどのアートにまつわる施設だけではなく、オーナーのコレクションを飾ってある飲食店など、身近な場所でアートに触れられるような店舗が多数参加しているのも同イベントの特徴だ。「例えば勝烈庵は知っているけれど、店名の文字を棟方志功が手掛けていたり、店内に多くの作品が飾られていることは、カツレツのお店なので知らない方も意外といらっしゃるのでは』と田口さん。「ネットショッピングでは分からない店内の雰囲気やこだわり、店主との会話なども楽しんで欲しい。アートを通して知っている店の新たな魅力を発見したり、知らない店を知る機会にしてもらえたら」

 また開港以来様々な文化や芸術が入ってきた横浜で、代々受け継がれてきたオーナーのコレクションから新進気鋭のアーティストの作品まで、市内に点在する新旧のアート情報を幅広く発信することで「アートの世界の多様化」も伝えていきたいと話した。

 会場や開催日時、内容は公式サイトhttps://minatonoart.jp/で紹介。

中区・西区版のトップニュース最新6

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

「つながり、元気づくりを」

中区長インタビュー

「つながり、元気づくりを」 政治

組織を越え、街一体で

1月6日号

イベント再開に意欲

西区長インタビュー

イベント再開に意欲 政治

対話激減に危機感

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook