中区・西区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

中区 火災発生件数が市内最多 前年比22件の増加

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
放火が起きた関内駅新横浜通り側の通路
放火が起きた関内駅新横浜通り側の通路

 中区内の2021年1月から11月25日までの火災発生件数が76件(前年比22件増)と市内最多。たばこの不始末や放火、電気機器による火災が多く、中消防署(味上篤署長)は、ポスター掲示や施設巡回などで注意を呼びかけている。市内の火災発生件数の2番目は港北区と鶴見区で46件、西区は32件だ。

 中区内の火災発生件数は、直近10年間でみると2014年の88件が最も多く、今年はそれに迫る勢い。また、前年比では、22件増加している。全76件の内、火災の発生原因は、たばこの不始末の20件が最も多く、次いで放火が17件、電気機器や配線からの出火が12件と続く。昨年は0人だった火災による死者は2人となった。

放火が急増

 10月に4件、11月7件と放火の発生件数が急増している。放火場所は、伊勢佐木町周辺や関内駅周辺で発生しており、トイレットペーパーなど燃えやすいものに火をつけて路上に放置する事案が多いという。

 放火防止策として味上署長は「区民の皆さんには、燃えやすいものを外に置かないように注意してほしい」と呼びかける。関内駅周辺には11月25日から放火防止を訴えるポスター=写真下=を掲示。警察とも連携し、対策を進める。

簡易宿泊所を巡回

 中区では、たばこの不始末による火災発生が最多。寝たばこにより火が広がることや、火が残ったままたばこをごみ箱に入れてしまい、出火する事案が発生している。特に簡易宿泊所での火災が昨年10件発生したことから、同署の署員が区内にある簡易宿泊所約140施設を8月と11月に巡回し、注意喚起を行うなど対策。今年は4件に減っている。

 これからは暖房器具の利用も多くなるため、火の扱いはより一層の注意が必要。味上署長は「これ以上火災件数が増えないよう、予防活動に力入れていきたい」と話す。

中区・西区版のトップニュース最新6

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

「つながり、元気づくりを」

中区長インタビュー

「つながり、元気づくりを」 政治

組織を越え、街一体で

1月6日号

イベント再開に意欲

西区長インタビュー

イベント再開に意欲 政治

対話激減に危機感

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook