中区・西区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

横浜中華街 西方守は白虎神 平和と平安願い「延平門」

文化

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
JR石川町駅の近く、市立みなと総合高校と市立港中学校の間にある延平門。幅は約12m、高さ12m
JR石川町駅の近く、市立みなと総合高校と市立港中学校の間にある延平門。幅は約12m、高さ12m

 今年は寅(トラ)年。東洋で最強の動物の一つと考えられているトラ(虎)が守り神となっている門がある。横浜中華街の西の入口に立つ延平門だ。白虎を守護神とし、門柱は西方の色とされる白に塗り上げられている。

 横浜中華街には10基の門が建つ。その中でも東南西北の4基は重要な意味がある。

 東は青龍神、南は朱雀神、西は白虎神、北は玄武神の聖獣四神が守る。白虎が守る西方は、平和と平安の安らぎが末永く続くことを願い「延平門」と命名された。東南西北の各方位に四神を据えたこのような街づくりは、中国の古代科学である風水に基づいたものだ。東の朝陽門は青色に、南の朱雀門は赤色、北は黒と、それぞれの守護神に基づく色となっている。

毘沙門天の使い

 虎は、東洋では最強の動物の一つとして考えられており、決断力と才知の象徴とされてきた。横浜市八聖殿郷土資料館=本牧元町=の相澤竜次館長は「虎は武功の神、財宝を守る神とされている毘沙門天の使いの動物としても知られ、縁起物としても親しまれている」と説明する。また「虎には魔よけの意味もあり、全国各地で作られている張子の虎は、魔除けの願いを込めたものが多い」という。さらに、虎は子どもを大切に育てる動物とされ、大切にして手放すことができない秘蔵品、貴重なものを「虎の子」と例えるのは、そこに由来するようだ。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月5日号

西地区センターが40年

西地区センターが40年 社会

縁ある演者の記念公演も

4月28日号

「医美アワード」で最優秀賞

医療用テープ

「医美アワード」で最優秀賞 社会

平沼拠点の2人が制作

4月28日号

高齢福祉のサイト開設

横浜市

高齢福祉のサイト開設 社会

情報の「窓口」めざす

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook