中区・西区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

日ノ出町子神社 風そよぐ絵馬 境内に 地域活性、美術作家が一役

文化

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
絵馬が展示されている境内。右は企画した杉山さん
絵馬が展示されている境内。右は企画した杉山さん

 1千年の歴史を持つといわれる黄金町一帯の鎮守・子神社(ねのじんじゃ)。その境内にねずみをかたどったオリジナルの絵馬350枚が風にそよいでいる。東小学校の児童や参拝者らが願いをしたためたもので、初めての試みだ。

 子絵馬は、昨年10月下旬に2週間ほど境内と参道に展示された。その取り組みが氏子や地域から好評だったこともあり、12月下旬に改めて設置、節分までを予定する。

 350枚におよぶ絵馬は、ねずみをかたどった木の板にしっぽに見立てた赤いひもが伸びる。そのしっぽを境内と参道に張られたロープに括り付け吊るす。風が吹くとカランコロンと優しい音を奏でる。

 絵馬を手掛けたのはアーティストの杉山孝貴さん(40)=川崎市在住。昨年4月まで黄金町エリアマネジメントセンターの職員として、10年余り同センターと地域をつなぐ役割を担った。

 その縁もあって、地域住民から「子ども神輿」など神社を拠点に地域を盛り上げる方策を、4年ほど前から相談されていたという。しかしコロナ禍で夏まつりが2年連続で中止に。そこで、何かできればと杉山さんは子絵馬を企画し、地域住民に提案した。同神社を管理する伊勢山皇大神宮をはじめ氏子からも賛同を得たことで昨年10月下旬の実施が決定。企画名を「子伝(ねのでん)の子流(ねのなが)し」として、絵馬のほかに杉山さん制作のねずみの巣をモチーフにした灯ろう流しも大岡川で行った。

 杉山さんは「地域の活動とアートを融合してまちを活性化できれば」と話し、夏まつりに向け絵馬の展示を計画する。

 子絵馬は毎週土曜日午前10時〜午後1時、境内で販売中(1枚500円)。境内に絵馬の常設展示も検討中だ。

子絵馬。杉山さんのすべて手作り
子絵馬。杉山さんのすべて手作り

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

貴重な絵画 次世代へ

市民ギャラリー

貴重な絵画 次世代へ 文化

クラファンで修復費募る

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook