中区・西区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

ベストオブミス 本牧の藤野さん県代表に 今秋、全国大会へ

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
レディー・ユニバース・ジャパンのたすきをかけほほ笑む藤野さん
レディー・ユニバース・ジャパンのたすきをかけほほ笑む藤野さん

 国内最大規模のミスコンと言われる「ベスト・オブ・ミス」の神奈川大会が3月に横浜ランドマークホールで開かれ、中区本牧在住の藤野佳乃さん(21)が「レディ・ユニバース・ジャパン2022」の神奈川県代表に選ばれた。9月に行われる全国大会へ向けて、美を追求する藤野さんに話を聞いた。

 ベスト・オブ・ミスは、各地区で「ミス・ユニバースジャパン」「レディ・ユニバースジャパン」「ミス・ユニバーシティ」の3つの大会に出場する女性を決める地方代表選考会。

 今年は200人弱の応募の中から、ファイナリスト14人を選出。水着やドレスでのウォーキング、ダンスなどの審査を経て3人が県代表に選ばれた。

 藤野さんは健康的な美と、充実したライフスタイルをコンセプトとするレディ・ユニバース部門に出場する。9月の日本大会で代表に選ばれると、その後、世界大会へ進む。

コンプレックス乗り越え

 藤野さんは、片方の目の視線が合わない障害があり「目にコンプレックスがある」。そのため元々、人前に出ることや写真を撮られることも好まなかったが、中学生の頃から海外モデルの美しい姿に、憧れを抱くようになった。

 転機は19歳の時、オーストラリアへの留学中、ファストフード店の店員に「あなたの目はすごいきれいね」と声を掛けられたこと。その言葉が自信となり、「自分の殻を破りたい」と、モデルのオーディションを受けるようになった。

 3月の神奈川県大会を振り返り「県代表に選ばれて自分の自信にもなったし、何より、目の事を気にしていた母が、泣いて喜んでくれたことが、うれしかった」と話す。

温かい応援を力に

 本牧で生まれ育った藤野さん。間門小、本牧中と進学した。中学生の時はハンドボール部に所属し、毎日活動に励み、高校生の時はアルバイトを4つ掛け持ちするなど活動的。そんな明るい藤野さんの周りには、たくさんの仲間がいる。

 今大会にも家族や親戚、地元の友人ら計20人以上が駆け付け、誰よりもたくさんの応援があったという。「温かい応援のおかげで、自然と笑顔になれた。自分を信じ続け、コンプレックスや何か困難なことがあっても、努力をすれば活躍できるという事を発信していきたい」と笑顔で話した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

貴重な絵画 次世代へ

市民ギャラリー

貴重な絵画 次世代へ 文化

クラファンで修復費募る

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook