神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2022年6月30日 エリアトップへ

フルコンタクト空手 頂点目指し、世界の舞台へ 西区在住の冨村日花さん

社会

公開:2022年6月30日

  • LINE
  • hatena
上段ひざ蹴りを繰り出す冨村さん(左)
上段ひざ蹴りを繰り出す冨村さん(左)

 西区在住で新極真会神奈川東横浜支部・木元道場に所属する冨村日花さん(18)=人物風土記で紹介=が、突きや蹴りを直接打ち合って闘う「フルコンタクト空手」で躍進している。5月に行われた全国大会では2位入賞。9月にはポーランドで開かれる世界大会に日本代表として出場することが決まっており、今後の活躍から目が離せない。

 冨村さんが出場した全国大会「全日本フルコンタクト空手道選手権大会」は5月21日と22日に大阪市で開かれた。冨村さんは女子軽中量級(48kg以上53kg未満)にシードで出場。初の有観客の大会に興奮するも「1試合1試合丁寧に」と心掛け、勝ち進んでいった。

 中でも準決勝は、第1回国際大会を制している水谷恋さんとの大勝負。突きの連打で距離を詰める相手に対し、冨村さんは前蹴りやカウンターのヒザ蹴りで応戦。一進一退の攻防が延長戦まで続いた。残り10秒を切った頃、冨村さんは一瞬の隙をつき、右足から上段ヒザ蹴りを繰り出し「技あり」。同大会初の決勝進出を果たした。冨村さんは「女子で(判定ではなく)技ありで勝つのは珍しいこと。とてもうれしかった」と振り返る。

 その後の決勝は敗れたが「技術で負けていたのではない。今までやってきた練習は間違っていなかったと思う」ときっぱり。一方で、「相手の『勝つ』という気持ちが強かった。周りに感謝し、勝って恩返しをするという気持ちが足りていなかった」と悔しさをにじませた。

仲間と切磋琢磨

 9月にポーランドで開かれる新極真会の世界大会「第7回全世界ウエイト制大会」には、昨年5月と12月に行われた全日本大会の結果を受けて、日本代表に選抜された。冨村さんが出場する女子中量級に選ばれたのは全国から3人のみだ。

 現在、選抜メンバーと合宿や練習を重ねている冨村さん。「同じ目標を持った仲間との練習は楽しく、刺激にもなっている。優勝を目指す」と意気込んだ。

中区・西区版のトップニュース最新6

動物園、図書館を改修

野毛山地区

動物園、図書館を改修

新たに障害児者支援拠点も

2月22日

移動支援バスが5周年

西区第3地区

移動支援バスが5周年

高齢者の“足”として活躍

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

店先でフードドライブ

西区久保町

店先でフードドライブ

生活困窮者支援を身近に

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

本牧「もくり」 が助成対象に

市まち普請事業

本牧「もくり」 が助成対象に

地域の居場所、改修進める

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook