神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

児童専用 相乗りタクシー運行へ 12月から市内3区で実証

社会

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
3月に中区で行われた実証実験のようす
3月に中区で行われた実証実験のようす

 横浜市や地元企業らが連携し、塾や習い事などに通う小学生を相乗りタクシーで目的地まで送迎する「こども専用送迎サービス」事業の実証実験が12月から来年2月まで、中区・青葉区・鶴見区で実施される。来年中のサービス導入をめざす方針だという。

 横浜市が2018年度に実施した「『子ども・子育て支援事業計画』の策定に向けたニーズ調査」によると、平日の放課後の過ごし方として、8割を超える小学生が週に2日以上、習い事や塾に通っているという。共働き世帯が増える中、市は子育て家庭の時間貧困の解消へ向けて、児童の送迎負担軽減がニーズの高い支援策のひとつであると考えている。

 相乗りで児童を目的地まで送迎するこの事業の実証実験は、教育・医療事業者やタクシー事業者、システム開発事業者ら14の企業・団体(11月1日時点)が参画し設立した公民連携の共同事業体「こどものみらい共創プラットフォーム」が主体を担う。

 共同事業体の幹事企業となるのが、子どもの習い事通いをサポートするスクールシャトルシェアリングサービスを展開している「hab(株)」(西区/豊田洋平代表取締役)。同社は今年3月に地域事業者や市と連携し関内駅周辺(中区)で、相乗りタクシーの実証実験を実施。アンケート調査などから、利用ニーズがあると判断した。

専用アプリで「リクエスト」

 12月から始まる実証実験では中区に加え、郊外エリアのモデルとして青葉区、都心寄りのモデルエリアとして鶴見区を含めた3区にエリアを拡大。相乗りタクシーは児童がプラットフォームに参画する塾や習い事、医療機関に通う際に利用することができる。

 専用アプリで乗り降りしたい場所と時間を受け付け、人工知能(AI)で導き出したルートに沿いタクシーを走行させる計画で、利用料金、乗降場となる停留所などの詳細は今後公表される。

 hab(株)の豊田氏は「実証実験を経て、少なくとも来年中には社会実装していきたい」と話している。

中区・西区版のトップニュース最新6

動物園、図書館を改修

野毛山地区

動物園、図書館を改修

新たに障害児者支援拠点も

2月22日

移動支援バスが5周年

西区第3地区

移動支援バスが5周年

高齢者の“足”として活躍

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

店先でフードドライブ

西区久保町

店先でフードドライブ

生活困窮者支援を身近に

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

本牧「もくり」 が助成対象に

市まち普請事業

本牧「もくり」 が助成対象に

地域の居場所、改修進める

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook