南区版 掲載号:2013年4月11日号
  • googleplus
  • LINE

2校統合し「横浜吉田」開校 日本語支援を手厚く

教育

旧吉田中の校舎を使う
旧吉田中の校舎を使う
 市立富士見中学校(中区山田町)と吉田中学校(同羽衣町)が統合した「横浜吉田中学校」(394人)が4月2日に開校した。統合校には、南吉田小出身者の大半が通うことになる。

 市教育委員会が富士見中校舎の耐震性不足と小規模対策を理由に、吉田中との統合方針を発表したのが大震災発生直後の11年3月。それ以降、両校の保護者やPTA役員らからは、市教委の突然の発表に対する疑念や、統合後の課題対策を不安視する声が噴出。2年をかけ、4回の検討委員会を経て、開校に至った。

 市教委学校計画課では「地域の皆様や保護者の協力があって統合を実現することができた」と話す。

 統合後の重要課題の一つに、約150人になる日本語支援を必要とする生徒の対策がある。これに対して市教委指導企画課は、県からの加配教員や通訳ボランティア、外国語能力を持つ補助指導員の配置などで手厚く対応するとしている。

 富士見中は開校51年、吉田中は66年と、互いに長い歴史を持つ。新校のかじ取りを担う出川進校長は、二つの伝統校が一つになったことからも教育目標に「共生・共感・創造」を掲げる。「両校それぞれの伝統を引き継いで、一つの新しい学校をつくっていきたい」と意気込みを語った。

石川小全員が平楽へ

 統合に伴う学区編成により、これまで富士見中と平楽中に分かれていた石川小出身者はすべて平楽中に通学することになった。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク