南区版 掲載号:2014年7月17日号 エリアトップへ

木造住宅不燃化推進 区内3地域で建築規制 市「準耐火」義務付けへ

社会

掲載号:2014年7月17日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は木造密集地など、火災による被害想定が大きい地域内で建物を新築や改築する場合、燃えにくい構造にすることを定めた建築ルールを2015年度から適用する準備を進めている。南区内では中村や清水ヶ丘、大岡などの3地域が対象となる。市は7月から住民向け説明会を行い、ルールの詳細や工事に伴う補助制度について周知を図る。

 東日本大震災を踏まえ、市が13年10月に見直した地震被害想定では、火災による焼失棟数が約7万7700棟だった。特に木造住宅が密集している地域で被害が大きく、南区は約1万1800棟が焼失すると想定され、神奈川区に次いで2番目に多い。

 市は被害が大きい地域を指定し、新築、改築の際に燃えにくい建物である「準耐火建築物」にしてもらうためのルールを導入する。案では柱や壁などを石こうボードなどの不燃性の材料で覆い、外部からの火を最低45分間防ぐことなどが必要になる。対象地域はこれまでも建築基準法により、延べ面積が500平方メートル以上や3階建て以上の建物は準耐火建築物にすることが義務付けられていたが、新ルールは500平方メートル以下で2階建て以下の建物も対象となる。

 市内の対象地域は南、神奈川、中、西、磯子の5区内の計1110ヘクタール。南区は中村町や唐沢、平楽、八幡町などと清水ヶ丘、庚台、三春台など、大岡や若宮町などの3地域の230ヘクタール。

 市は準耐火建築物への建て替え工事などの費用を条件付きで最大300万円補助する制度を10月から行い、建物の不燃化を進める。

 区内では新ルールや補助についての住民向け説明会が7月30日から3カ所で計6回行われ、同時に案への意見を募集する。市は過去10年の建て替え状況を考慮し、今後10年で地域内の準耐火率を現在から14%増やしたいとしている。

 対象地域内のある町内会長は「この地域は単身の高齢者が多く、建て替えは少ないだろう」と市の計画通りに進むのは難しいのではないかとの見方を示した。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

アートで顔見える関係を

アートで顔見える関係を 文化

4日に「光のぷろむなぁど」

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 コミュニティ社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座

中村で18日

12月18日~12月18日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook