南区版 掲載号:2018年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

〈連載〉さすらいヨコハマ32 春になれば... 大衆文化評論家 指田 文夫

 春と言えば飛鳥山

 春は選抜から

 春に三日の晴れなし

 これは、春に関する言葉で、王子の飛鳥山は徳川吉宗が植えたという桜が有名で、今の上野公園や目黒川を上回る名所だった。

 夏の全国高校野球大会に比べ、強豪校ばかりで面白みがないといわれる選抜高校野球大会だが、21世紀枠を設けるなど、工夫もされた。春は気圧の動きが複雑で、晴れも続かないとされているが、今年は安定している。

 さて、サラリーマンにとっての春は、その結果に一喜一憂のある人事異動だろう。会社員の人事の悲哀を描いた秀作が小津安二郎が監督を務めた1958年の「早春」で、病で倒れる者などがあり、主人公の池部良は、岸恵子との情事の「罰」のように、地方の工場への転任を命ぜられ、妻の淡島千景と「都落ち」になるが、やり直しを決意する。

(文中敬称略)
 

南区版のコラム最新6件

京浜急行120周年

〈連載〉さすらいヨコハマ㉛

京浜急行120周年

3月1日号

抱いて、見つめて、話しかけて

母乳育児支援コラム 36(最終回)

抱いて、見つめて、話しかけて

1月11日号

横浜の動物園

〈連載〉さすらいヨコハマ㉚

横浜の動物園

12月7日号

映画の中の横浜【4】

〈連載〉さすらいヨコハマ㉙

映画の中の横浜【4】

10月19日号

映画の中の横浜【3】

〈連載〉さすらいヨコハマ㉘

映画の中の横浜【3】

8月24日号

映画の中の横浜【2】

〈連載〉さすらいヨコハマ㉗

映画の中の横浜【2】

7月27日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「看護の日」病院見学会

「看護の日」病院見学会

県立こども医療センター5月10日、講演も

5月10日~5月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月26日号

お問い合わせ

外部リンク