南区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

日ノ出町駅〜黄金町駅 京急高架下に宿泊施設 カフェ、水上活動拠点も

社会

高架下の複合施設
高架下の複合施設
 京浜急行線の日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下にトレーラーハウスを使用した宿泊複合施設「タイニーズ横浜日ノ出町」が4月28日にオープンした。宿泊施設のほか、カフェと大岡川での水上スポーツのための更衣室などを整備。所有者の京浜急行電鉄=東京都港区=は、新たな利用者によるにぎわい創出につながることを期待する。

 「タイニーズ」は高架下の約500平方メートルに施設が並ぶ。宿泊施設は、いずれもトレーラーハウスを使い、家族向けと男女別の3棟を設置。また、ハンバーガーや横浜のクラフトビールなどが味わえるカフェラウンジがある。5月3日から5日には映画祭を開催し、今後もトークイベントなどを開いていく。ほかにも、大きなサーフボードの上に立ってパドルをこいで進む「SUP」利用者のために、更衣室やシャワーを設けた。

 日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下周辺は2000年代初めに売春などを行う違法飲食店が軒を連ねていた。05年1月に県警による「バイバイ作戦」により、一斉摘発。その後も地域住民と行政、警察が協力してアートを柱にしたまちづくりが進められ、京急電鉄もその方針に沿って取り組みを進めてきた。

有効活用進む

 京急は13年、黄金町駅と南太田駅間に認可保育園「京急キッズランド」、15年に「業務スーパー」を開くなど、高架下の有効活用を進めている。

 タイニーズの運営は建築プロデュースやイベント企画運営を手がける「YADOKARI」=東京都中央区=が行う。

 京急の担当者によると、当初は賃貸物件を検討したものの、一般的な発想にとらわれない話題性のある施設にしようと宿泊施設の設置を構想。東京・日本橋で「タイニーハウス(小さな住まい)」を活用した施設の実績があるYADOKARIに依頼し、今回の新施設が誕生した。

 京急側は「アートによるまちづくりと水上アクティビティーの相乗効果で、この地域に足を運ぶ機会のなかった人を呼び込みたい」と今回の高架下活用を契機に地域活性化をさらに進めたいとしている。

南区版のトップニュース最新6件

チャーハン対決で銅賞

弘明寺のとやん

チャーハン対決で銅賞

9月13日号

六つ川小 畑から縄文石器

弘明寺でハチミツ作り

大岡小卒業生

弘明寺でハチミツ作り

9月6日号

外国人向けに生活ガイド

認知症支援でチーム設置

交流拠点が移転へ

井土ヶ谷下町

交流拠点が移転へ

8月30日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

/http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絶滅した植物学ぶ

絶滅した植物学ぶ

こども植物園で展示

9月1日~9月24日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の放送局

    〈連載〉さすらいヨコハマ34

    横浜の放送局

    大衆文化評論家 指田 文夫

    9月6日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク