南区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

栄養士が教える食育コラム 4 深夜の発熱でもすぐ飲める自宅で作る経口補水液 管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 今の時期はインフルエンザが猛威を振るっており、これからはノロウイルスの兆しも出てきます。

 深夜の突然の発熱時に飲むことが多い経口補水液。テレビのCMなどでも流れていますが、一体どのような飲み物でしょう。経口補水液は嘔吐や下痢、発熱によって失われた体内のミネラル(ナトリウムやカリウムなど)や水分を塩分と糖分が適切な割合で配合されているものです。

 経口補水液の塩分と糖分のバランスは点滴に使われる輸液とほぼ同じで、弱った体に負担をかけないよう、冷やさずに少量ずつゆっくり時間をかけて飲みましょう。経口補水液のおもな働きは水分と電解質の補給であるため補水液の後、様子をみながら食事も摂ってください。経口補水液は薬ではありませんが、心臓、腎臓、血圧などの病気で食塩の摂取を制限している時には、医師や管理栄養士に相談してから飲むようにしましょう。

 では、家庭でもできる経口補水液の作り方をご紹介します。1リットルの湯冷ましに3g(小さじ2分の1杯)の食塩と40g(大さじ4杯)の砂糖を溶かしレモンやオレンジのしぼり汁を入れる。湯冷ましを無塩のトマトジュースで変えて作ると、カリウム補給にもなります。

 直径20cmの鍋に湯冷ましを鍋の高さの半分つくり、指3本でつまんだ塩、一握りの砂糖を鍋の中に入れてよくかき混ぜれば、ほぼ正確な経口補水液ができます。

 経口補水液とイオン飲料を比べると、浸透圧、電解質、糖質が異なっています。イオン飲料は、経口補水液より糖質が若干高く、喉を潤すには良いのですが、大量の水分と電解質の補給になると苦手です。
 

<PR>

南区版のコラム最新6

多面的にフォロー

横浜健康経営認証【2】 クラスAAA

多面的にフォロー

山谷 大山組建材(建設業)

4月15日号

横浜が生んだスター

〈連載〉さすらいヨコハマ47

横浜が生んだスター

大衆文化評論家 指田 文夫

4月15日号

毎日が「ノー残業デー」

横浜健康経営認証【1】 クラスAAA

毎日が「ノー残業デー」

井土ヶ谷下町 石井商事(保険業)

4月8日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

いつまでも元気に自分らしく暮らすために

4月1日号

子どもの「学び」支える

子どもの「学び」支える

株式会社神奈川銀行

4月1日号

「使えるエコ」を創出

「使えるエコ」を創出

新川町 ナカノ株式会社

3月18日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter