南区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

横浜国際高 「国際バカロレア校」に 県立校初 25人入学へ

教育

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
校内で海外活動報告会を行う生徒
校内で海外活動報告会を行う生徒

 六ツ川の横浜国際高校(桜田京子校長)が2月に神奈川県立高校では初めて、「国際バカロレア校」の認定を受けた。4月に25人が入学し、国際的な大学入学資格の取得を目指す。

 国際バカロレア(IB)は1960年にスイスで開発された世界各国の学校で導入されている教育プログラム。多様な文化の理解と尊重の精神を通し、より平和な世界を築くことに貢献するなどの若者の育成を目的としている。県内では法政大学国際高や横浜インターナショナルスクールなど4校が認定されている。

 同校は県教育委員会から2016年度に「国際バカロレア認定推進校」に指定され具体的な準備を開始し、18年度には校内に準備室を開設。1月31日、2月1日にIB機構の訪問を受け、2月21日に認定された。

 今春バカロレアコースには25人が入学予定。国内の高校では使われないテキストの使用や数学の授業を英語で行うほか、発表機会が増え授業数も多いという。

 同コースでは、国際バカロレアの最終試験で所定の成績を収めると、高校卒業資格の取得と国際的に認められている大学入学資格(IBディプロマ資格)が与えられる。

新たな10年に向け

 同校は、14年度に文科省から国際的に活躍できる人材育成を重点的に行うSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定(期間5年)されている国際科のみの専門高校。4月からはバカロレアコースが加わる。

 昨年、開校10周年を迎え、今年でSGHが終了。4月からバカロレアコースが始まることに関し、桜田校長は「これからは本体とバカロレアコースの2つが存在することになるが、どちらもゴールは国際社会でリーダーとして活躍できる人材の育成。両コースの良いところを活かしていきたい」という。生徒や保護者は「新しいことを取り入れることは大変だけど協力してやっていきたい」と感想を述べていた。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

南区民の声援でJ1へ

サッカー横浜FC

南区民の声援でJ1へ スポーツ

26日、無料招待試合

10月10日号

空き家再建 交流の場に

中村町2丁目

空き家再建 交流の場に 社会

主婦ら拠点開設

10月3日号

交通安全活動で感謝状

横浜商業バトン部

交通安全活動で感謝状 社会

警察から、市内高校で初

10月3日号

「キャッシュレス」強化へ

弘明寺商店街

「キャッシュレス」強化へ 経済

消費増税対策で特別企画

9月26日号

捺染で独自バンダナ作り

大岡小5年生

捺染で独自バンダナ作り 教育

ネットで資金募る

9月26日号

「諦めない心」で市大会優勝

六ツ川中野球部

「諦めない心」で市大会優勝 スポーツ

3年生、有終の美飾る

9月19日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月14日19:48更新

  • 10月12日12:21更新

  • 10月11日18:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「シルクロード」の歌と踊り

「シルクロード」の歌と踊り

久良岐能舞台で公演

10月28日~10月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク