南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

中村地区の主婦NPO ネット募金で拠点作り 空き家改修へ180万円必要

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
改修予定の拠点を後ろにクラウドファンディングでの寄付を呼びかけるメンバー
改修予定の拠点を後ろにクラウドファンディングでの寄付を呼びかけるメンバー

 中村地区の住民の買い物支援などを行う主婦らによるNPO法人「思いやりカンパニー」(津ノ井美晴代表)が、同地区で多世代交流拠点を作るための資金をインターネットを使った「クラウドファンディング」(以下CF)で募っている。建物改修などの費用180万円を目標に6月28日まで受け付ける。現時点で目標の6割を超えているが、NPO側はより多くの支援を求めている。

 思いやりカンパニーは、中村町2丁目にある空き家を改修し、子どもから高齢者までが集い、地域で働く場としての拠点作りを進めている。1月に市の施設整備助成金事業「ヨコハマまち普請事業」に採択され、500万円の助成金を受けられることになった。

 しかし、空き家は木造建築で耐震工事などが必要。助成金は耐震工事の目的には使用できない決まりがあり、工事費用180万円をネットで幅広く資金を集めるCFで募ることにした。ほかに室内改装費150万円はメンバーが地域を回って支援を呼び掛けている。

 計画では拠点は2階建て。カフェスペース、キッチン、多目的室を設け、喫茶軽食、クレープと駄菓子の販売、地域住民の手作り品を販売する「小箱ショップ」を置く。代表の津ノ井さんは「小箱ショップを企業のPRスペースとして使ってもらうことも考えている」と話す。拠点では高齢者向けの介護予防プログラムや子どもの学習支援も行う予定で、高齢者に子どもの宿題の見守りなどをしてもらい、世代交流を進める。

 CFサイト「レディーフォー」で4月下旬にプロジェクトを開始。期限の6月28日までに目標額である180万円に満たない場合は不成立で支援金は返還される。6月10日時点で58人から115万円が集まった。津ノ井さんは「予想以上の支援に感謝している」と話す。CFは6月28日までだが、寄付は継続して受け付ける。津ノ井さんは「企業からの支援もあれば」と期待する。

 7月上旬までに拠点の改修工事を始め、9月のプレオープン、10月の正式稼働を目指している。

 問い合わせは、おもいやりカンパニー連絡専用電話【電話】070・1500・2580。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

保護者らに護身術指導

空手道場武祟館

保護者らに護身術指導 社会

南吉田小キッズで初講座

7月18日号

外国の子 学校・地域つなぐ

外国の子 学校・地域つなぐ 教育

南吉田小校長らシンポ

7月18日号

歌丸さん愛用品を展示

横浜橋通商店街

歌丸さん愛用品を展示 文化

17日から、着物や釣り竿

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

「防災まち計画」が市認定

井土ケ谷上一町内会

「防災まち計画」が市認定 社会

会館整備、道幅拡幅へ

7月4日号

こども植物園が40年

六ツ川

こども植物園が40年 文化

1千種の草花、14万人来場

7月4日号

児童支援で学習意欲向上

南吉田町「おさん」

児童支援で学習意欲向上 教育

開始2年半、生活も変化

6月27日号

パシフィコで家具メッセバザール

6月8日、9日に厳選された家具が集まるお得な祭典!

https://www.kanetaya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月20日13:15更新

  • あっとほーむデスク

    7月17日19:21更新

  • あっとほーむデスク

    7月10日21:24更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵どうろうを一新

南まつり

絵どうろうを一新

27、28日 LEDで明るく

7月26日~7月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク