南区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

横浜市 外国人相談窓口を拡充 11言語で困りごと解決

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
電話通訳の様子
電話通訳の様子

 横浜市は増加する在留外国人に対して総合的な情報提供や相談対応を行う「多文化共生総合相談センター」を8月1日に開設した。市内に10カ所ある国際交流ラウンジ間の連携拠点として運営し、地域で円滑な外国人の受け入れ、共生を進めていく。

5年で3割増

 市内の外国人人口はこの5年間で3割増加。昨年1年間では全国の市町村の中で最多の6千人以上の増加数を示し、4月に初めて10万人を超えた。

 今年4月には改正出入国管理法が施行。加速する在留外国人の増加に伴い、諸手続きの相談件数増加や内容の多様化が予想されている。

 今回開設した多文化共生総合相談センターは、国の外国人受入環境整備交付金を活用。パシフィコ横浜内にある横浜市国際交流協会(YOKE)の中の既存情報相談コーナーの機能を拡充させた。

相談員を増加

 対応言語はこれまでの日本語、英語、中国語、スペイン語に加え、介護人材として期待されるベトナム人への対応を見据え、ベトナム語を話すことができる相談員を配置。常駐する相談員も3人から4人とした。さらに、11言語に拡充した多言語対応や専門的相談の場合は電話通訳を使用。同センター利用者はタブレットに映し出された通訳の顔を見ながらの相談が可能。みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ=浦舟町=など、市内に10カ所の国際交流ラウンジに外国人が訪れた場合も同センターと端末でつなぐことで電話通訳サービスを無料で受けることができる。同コーナーと国際交流ラウンジへ2018年度に寄せられた相談は2万2千件以上。今後、同センターは連携拠点としての役割も担う。

 市は不足が見込まれる介護人材受入促進のために覚書を締結したベトナムの大学で、市内介護施設で就労希望する学生らに対して「訪日前日本語等研修」を全国の自治体で初めてスタートさせており、同国からの留学生対応も想定している。

 同センターの利用時間は月〜金曜の午前10時〜午後5時。第2、4土曜午前10時から午後1時。市の担当者は「外国人への総合的な受け入れ環境の整備を今後も進めていきたい」と話している。

9/5家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

蒔田の吉良歴史研究会

講演会の開催、史跡散策、他の歴史研究会との連携、会員の交流などを行っています

https://maita-kira.jimdo.com/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

プラごみ削減法考える

日枝小 4年生

プラごみ削減法考える 教育

環境活動企業から学ぶ

11月7日号

難民支援に国際高生ら

難民支援に国際高生ら 社会

金メダリスト企画に協力

10月31日号

宮崎さんに神奈川文化賞

堀ノ内町の漆器工芸師

宮崎さんに神奈川文化賞 文化

国内唯一の芝山漆器職人

10月31日号

おかず詰める「弁当ラリー」

横浜橋通商店街

おかず詰める「弁当ラリー」 社会

ラグビーNZ応援で27日

10月24日号

「南米音楽で"世界"感じて」

くらき永田保育園

「南米音楽で"世界"感じて」 教育

演奏家招きコンサート

10月24日号

県警柔道大会で準V

石川小但馬君

県警柔道大会で準V スポーツ

筋力強化で急成長

10月17日号

住宅全半壊で支援金

台風15号被害世帯

住宅全半壊で支援金 社会

県・市から最大300万円

10月17日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月7日19:17更新

  • あっとほーむデスク

    11月7日14:42更新

  • 11月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

旧海岸線を歩く

旧海岸線を歩く

11月20日 大岡健康ウォーク

11月20日~11月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク