南区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

(PR)

医療法人佐藤病院 地域医療支え100年 「報恩感謝」モットーに歩む

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
大正13年ごろの同院
大正13年ごろの同院

 南区南太田の医療法人佐藤病院(佐藤克之院長)が、12月1日に創立100周年を迎える。

2度の焼失乗り越え

 同院は東北帝国大学(現東北大学)医学部卒の佐藤栄七氏が1919年(大正8年)に創立。開院から多くの患者を診察した。23年、関東大震災で全焼したが懸命な復旧活動により、すぐに診療を再開させた。しかし、第二次世界大戦に突入すると、45年5月29日の横浜大空襲により再び焼失した。

 栄七氏は故郷・福島の民家を移築し、47年元日に再建。終戦直後も地域医療に寄与し、多くの命を救った。その後は3度の増改築工事を行い、現在は、病床数116を有し、心臓循環器内科や脊髄疾患などの専門医が在籍。訪問リハビリテーションといった介護事業でも貢献している。

「地域活性化」に一役

 「報恩感謝」を掲げている同院は、医療の枠を超えた地域貢献に努めてきた。栄七氏は市教委の教育委員長として、青少年の教育やスポーツの振興に尽力した。2代目院長・善一郎氏は地元のライオンズクラブの会長を務め、地元行事などを企画。地域と「顔が見える関係」を築いた。

 佐藤克之院長は「先代から受け継がれている『報恩感謝』の精神を忘れずに、今後も皆様の健康を守り続けていきたい」と話している。

 同院は、患者との交流を深めるお花見会などの行事も行っている。
 

旧お三の宮産院職員
旧お三の宮産院職員

医療法人佐藤病院

横浜市南区南太田1-10-3

TEL:045-731-1515

http://www.satohospital.com/

南区版のピックアップ(PR)最新6

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

伝統芸能や遊びにふれる

2月11日

伝統芸能や遊びにふれる

「こども歳時記」が横浜で

1月20日号

オープニングスタッフ募集

介護・看護など

オープニングスタッフ募集

南区永田北に8月オープン サ高住・小規模多機能など

1月13日号

解体・新築の補助、継続へ

横浜市

解体・新築の補助、継続へ

燃えにくいまちへ 最大300万円

1月13日号

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム上大岡店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

1月6日号

非常勤職員を募集

横浜市区役所

非常勤職員を募集

看護師等の資格活かせる

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日16:06更新

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook