南区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

南区 オンライン会議を体験 地域団体向けに講座開始

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
保土ケ谷区の町内会がオンラインで会議を行った様子
保土ケ谷区の町内会がオンラインで会議を行った様子

 南区役所は、自治会町内会などの地域活動を行う団体向けに10月からタブレット端末の体験・講習会を開き、参加者に端末を貸し出す取り組みを始める。コロナ禍でオンライン会議などのネットを通したコミュニケーションが活発になる中、機器の扱いに不慣れな人に体験してもらうねらい。区は「地域活動の発展を応援したい」としている。

 新型コロナウイルスの影響で自治会町内会などの地域活動団体は、大人数が集まる会議を開けない状況にあった。町内会の中には、各会長が書面を回覧して会議に代えた地域もあった。会合は徐々に再開しつつあるが、オンライン会議を開きたいという声も多い。

 団体の多くは高齢者が中心で、オンライン会議ができる端末を持っていなかったり、インターネット自体に不慣れな人もいる。タブレット端末を使ったコミュケーションを身近に感じてもらおうと、区はそうした人がいる団体を対象に無料体験会を企画した。

タブレット貸出

 対象は自治会町内会のほか、青少年指導員、スポーツ推進委員、環境事業推進委員などの団体。まず、南区役所で行われる体験・講習会に参加し、職員の説明を受けながら、用意されたタブレット端末でオンライン会議や複数の相手との会話を体験する。その後、参加者を対象に日程調整をした上で端末が貸し出される流れ。最長で3週間程度借りられる。

 1回目の体験・講習会は10月17日午前10時から行われる。2回目は11月14日、3回目は12月12日の予定。

市内で実践地域も

 市内には町内会の会議をオンラインで行っている地域もある。保土ケ谷区の常盤台地区連合町内会は5月からオンライン会議システム「Zoom」で会議を行う。開催にあたり、30〜40代の役員が町内会長らが所有するパソコンやスマートフォンで会議に参加できるよう、操作法を指導。会議は予想以上にスムーズに進められたという。

 南区内のある連合町内会長の男性は「ネットを使いこなせれば、オンライン会議だけでなく、災害時の安否確認などにも役立てられる」と話す。

 南区役所地域振興課は「タブレットなどを使ったコミュニケーションを身近に感じてもらい、地域のつながりや地域活動の発展を応援したい」としている。問い合わせは同課【電話】045・341・1239。
 

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

応援団のエール再び

Y校

応援団のエール再び スポーツ

野球部試合で今年初活動

12月3日号

「アドバイザー」身近に

南永田団地

「アドバイザー」身近に 文化

住民イベントで交流

12月3日号

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク