南区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

初のビデオ会議体験会 区企画に町内会長ら

コミュニティ社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
職員から操作方法の説明を受ける参加者
職員から操作方法の説明を受ける参加者

 コロナ禍で活用が増えているビデオ会議を町内会活動にも取り入れてもらうためのタブレット端末体験会が10月17日に南区役所で行われた。区が企画したもので、ネットを使ったコミュニケーション方法を知ってもらい、停滞している地域活動を再開してもらおうというねらい。希望者にはタブレット端末を貸し出し、地域でも普及させたい考えだ。

 自治会町内会や地域活動団体の中には、対面での会議を開けないところも多い。区はビデオ会議の方法を知ってもらい、地域活動再開の後押しを図ろうとしている。自治会町内会に参加を呼び掛けた結果、初めての体験会に12人が参加。2回に分けて、約1時間の体験・講習会を行った。

 区が用意したタブレット端末「iPad」を使い、電源の入れ方から、ビデオ会議アプリ「Zoom」の会議開催方法を説明。参加者は用意されたオンラインのミーティングルームにアクセスして実際に自己紹介をするなどした。ビデオ会議に不慣れな人がつまづきがちなミュート(マイクオフ)の方法やカメラの位置と自分の顔の画面の映り方の関係なども解説された。参加者の中にはタブレット端末を初めて触る人もいたが、スムーズにビデオ会議が進められた。

 参加した町内会長の男性は、「先日、LINEのビデオ会議をやってみたが、Zoomは初めてだったので、やり方が分かった。意外に簡単だった」と話した。別の男性は「町内会でLINEのグループを使って情報共有している。タブレットならば画面が大きいので、会議に向いているが、スマホを使っている人は見えづらいだろう」と話していた。

端末の貸出も

 区は同様の体験会を11月、12月にも開く予定。体験会参加者の希望者にiPadを貸し出す。iPadは10台用意しており、町内会や団体でビデオ会議を試す場合などに使ってもらおうとしている。区地域振興課は「地域のつながりや地域活動の発展を応援したい」としている。

 これとは別に市は連合町内会単位でビデオ会議の使い方などの講習会を全区で準備している。市と応募した事業者が協働で進める予定。
 

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

応援団のエール再び

Y校

応援団のエール再び スポーツ

野球部試合で今年初活動

12月3日号

「アドバイザー」身近に

南永田団地

「アドバイザー」身近に 文化

住民イベントで交流

12月3日号

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク