南区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

確定申告会場 3密課題に 税務署、オンライン推奨

社会

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena
過去の桜木町の相談会場の様子
過去の桜木町の相談会場の様子

 確定申告開始まであと約1カ月となる中、相談会場における3密回避に、税務署が頭を悩ましている。国税庁の方針に合わせ、市内の7税務署では、オンライン申告の推奨や会場での入場整理券配布などで混雑抑制を目指す。例年、会場からのオンライン申告も多く、税務署はポスターやダイレクトメールなどで自宅からの申告の広報に力を入れる。



 例年2月中旬から3月15日までを期間とする所得税等の確定申告。2019年分の申告人数は全国で約2204万人、そのうち、会社員などの給与所得者と年金受給者などの雑所得者が全体の7割を占めており、確定申告は身近な存在となっている。

 国税庁は以前から業務の効率化などを目的にオンライン申告「e―Tax」の普及を推進。マイナンバーカードか税務署で発行されるID・パスワードがあればオンライン申告が簡易になったこともあり、19年分ではオンライン申告が約1592万人と、全申告者の7割を占める。しかし、そのうちの3割が人との接触を伴う相談会場などからの申告となっている。

整理券で混雑抑制

 横浜市内には鶴見、横浜中、保土ケ谷、横浜南、神奈川、戸塚、緑の7税務署があり、19年分の市内確定申告者は約70万人。横浜南税務署=金沢区=では、申告時期に署内に相談会場を設けている。税務署によると会場利用者数は正確に把握していないため開示できないとしているが、例年、各会場ともかなり密な状態だ。

 そこで、各税務署では入場整理券の配布を予定している。また、検温や消毒、こまめな換気、マスク着用の徹底など、感染防止対策を講じた上での開設を計画する。

 昨年12月に横浜中税務署=中区=で行われた国税モニター座談会では、コロナ禍の来場危険性の周知や、会場の空き情報発信などのアイデアが寄せられた。税務署の担当者は「感染リスクの軽減のためにも自宅からe―Taxで申告を」と話す。一方、町内会長を務める80代の男性は「身近な会場があれば、来場者も分散して密にならないのでは」と話していた。

南区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク