南区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ47 横浜が生んだスター 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 横浜は開港してから約160年しか経っていないが、多くのスターを生んでいる。

 まずは女優の原節子。保土ケ谷区月見台の生まれである。保土ケ谷にある明倫高校出身の美人女優が藤山陽子だったが、明倫高校は現在「横浜清風高校」に校名が変わっている。

 『男はつらいよ』で渥美清との名コンビを見せた森川信も南区中村町の生まれで、戦時中に作家の坂口安吾が彼を関西の小屋で見て絶賛している。意外なことに、関西漫才の夢路いとし・喜味こいしは、鶴見の出身である。

 しかし、横浜が生んだ最大のスターと言えば、磯子区滝頭の美空ひばりである。彼女は150本以上の映画に出ているが、『伊豆の踊子』(1954年、監督・野村芳太郎)、『たけくらべ』(1955年、監督・五所平之助)といった名作にも出ているが、この2本では歌は歌っていない。女優としての自信を示すものだろう。

(文中敬称略)
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

会社と地域を元気に

会社と地域を元気に

中区 神奈川県中小企業家同友会

5月13日号

「遊んで学べる畑」を

「遊んで学べる畑」を

保土ケ谷区 自然菜園あかね空

5月13日号

環境汚染に歯止めを

環境汚染に歯止めを

井土ヶ谷下町 金銀食品株式会社

5月7日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

自治会町内会の活動を知っていますか?

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私 社会

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月17日13:57更新

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter