南区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

横浜橋通商店街 「子どもに防災意識を」 消防・企業と連携企画始動

社会

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
消防署員が読む絵本の話を聞く園児
消防署員が読む絵本の話を聞く園児

 子どもに防災意識を持ってもらうために、楽しく学べる環境を作ろうと、保育園児に火災予防絵本を読み聞かせるイベント「防災てらこや」が4月20日、横浜橋通商店街で行われた。同商店街が主催し、南消防署などが協力したもの。園児20人が絵本を通して火災の怖さなどを学んだ。商店街や消防署は今後も子どもらが防災を学ぶ場所づくりを進める。

 同商店街はこれまでも小学生による火災予防ポスターをアーケードに掲示するなど、子どもの防災意識向上に取り組んできた。商店街の高橋一成理事長が空き店舗を利用した多目的スペースの活用法を考える中で南消防署に相談し、子どもが防災を考えるコミュニティーづくりの話が進んだ。その方向として、人々が集い、交流し、防災を学ぶ場所となる「防災てらこや」の立ち上げを目指すことになった。

 まずはテストとして、商店街そばの万世町にある「やすらぎ保育園」の園児に対し、南消防署員が火災予防に関する絵本「みんなの森の仲間とオオカミのサイレン」を読み聞かせた。20日は園児20人を2回に分けて商店街の多目的スペースに招き、絵本をプロジェクターで壁に投影させて話を読み進めた。

絵本読み聞かせ

 内容は森で暮らす動物たちを描いたもの。前半はリスの家で火がついたコンロから目を離し、火が家の中に広がったところをゾウらの消防隊が消火する様子を紹介。後半はオオカミが火をつけた木の枝を振り回して森が火事になり、住民の動物たちがバケツリレーで火を消すというもの。園児は絵本を見入るように話を聞いていた。

 絵本は新川町に事務所がある株式会社野毛印刷社が横浜市との共創事業として、市消防局の企画・監修を受けて2019年に発行したもの。同社は地域貢献活動を進めており、防災や環境保全、食育を推進する。南区役所に防災の取り組みができないか相談し、同商店街、消防署とのマッチングが図られた。今回、参加した園児には、同社作成のリーフレットが配られ、絵本の感想を保護者と共有する仕組みも取り入れられている。

まちづくりへ

 商店街と消防署は今後、小学校や外国にルーツのある子どもたちにも対象広げ、防災を軸にしたまちづくりつなげたい意向だ。高橋理事長は「子どもが防災に関心を持ってもらう取り組みを続けたい」としている。

南区版のトップニュース最新6

地元竹で郷土愛醸成

南永田山王台竹遊会

地元竹で郷土愛醸成 文化

2年半ぶりに活動発信

6月23日号

水ろ過装置 オデーサへ

井土ケ谷日本濾水機

水ろ過装置 オデーサへ 社会

製品3台を横浜市購入

6月23日号

67年ぶり 春関東準優勝

Y校軟式野球部

67年ぶり 春関東準優勝 スポーツ

夏に向け、収穫得る

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

異国の園生活 楽しく

ウクライナ避難民2歳児

異国の園生活 楽しく 社会

六ツ川に家族で滞在

6月9日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook