南区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

横浜市 避難民支援のカフェ開設 みなとみらい ウクライナ人と交流を

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
交流カフェの開設に携わったナタリアさん(右)と市の職員
交流カフェの開設に携わったナタリアさん(右)と市の職員

ウクライナ語で「友達」

 横浜市は4月28日、ウクライナ避難民支援の一環で、パシフィコ横浜内にある横浜国際協力センター=西区みなとみらい=に交流カフェ「ドゥルーズィ」を開設した。戦災から逃れてきた避難民が安心して交流できる場を提供していく。

 カフェの運営は同センター内に拠点を持つ公益財団法人横浜市国際交流協会に委託。「ドゥルーズィ」という施設名は「友達」という意味のウクライナ語から付けた。

 横浜に避難してきたウクライナ人たちが、母国語で話したり、情報交換できる場所を提供するほか、企業からの寄付やボランティアをつなぐ場としても活用していく。母子で避難してきた人も多いことから、カフェの中にはキッズスペースも設けられた。

日本語講座など検討

 オープン日には30人の避難民と支援者らが集まり、郷土料理の「ボルシチ」を食べながら交流を深めた。山中竹春市長もカフェを訪れ「困っていることなどを聞き取り、スムーズな支援につなげていきたい」と話した。

 開設に携わった同センター内にある海外への技術協力支援会社に勤務するウクライナ人のコヴァリエヴスカ・ナタリアさん(40)は、「避難した人は日本語をはじめ何もわからない。母国語にふれられるというだけでも意味がある」と話した。今後は日本語講座や日本人との交流会などを検討している。

 横浜市とウクライナ南部の港湾都市オデッサ市は1965年から姉妹都市。これまでに、ウクライナへの現地支援などを目的とした募金活動のほか、住宅や企業連携して必要な家電、生活用品などの支援を行っている。

 市内には5月9日時点で、21世帯40人の避難民が滞在している。

南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

小野リサさん公演

小野リサさん公演 文化

8月20日 秦野でボサノバの調べ

6月30日号

まち普請審査市役所で公開

期日前投票所は区役所と図書館

災害時協力 市と協定

市仏教会

災害時協力 市と協定 社会

境内を避難所などに提供

6月30日号

区民の健康を守る

南区役所幹部に聞く

区民の健康を守る 社会

〈2〉木村博和 福祉保健センター長

6月30日号

夏の横浜 熱い戦い

全日本プロレス

夏の横浜 熱い戦い スポーツ

7月9日 長者町で大会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の横浜 熱い戦い

全日本プロレス

夏の横浜 熱い戦い

7月9日 長者町で大会

7月9日~7月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook