保土ケ谷区版 掲載号:2011年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

ロック歌手「LIKA」としてプロデビューを果たした 諸川 梨花さん 区内・和田町在住 16歳

女子高生の”今”ギターにのせて

 ○…10代の悩み・葛藤を歌詞にのせ、アコースティックギターを抱えて歌う。区内のイベントなどで経験を重ね、オリジナル作品4曲を収録した『1st』で、今月インディーズデビューを果たした。作詞作曲も自身で行っている。

 ○…父親はロカビリー歌手のビリー諸川さん。「お腹の中にいる時から音楽に触れていたのかも」と笑う。3歳の時には父のライブ中に舞台に登って踊りだしたというエピソードも。音楽はもちろん、小さい時から物語や詩を書くのも好きだった。小6の時、父に誘われて舞台に出演。初めての”ギャラ”で買ったギターで、自らの詩に曲をつけた。そのギターは今でも使い続けているという。

 ○…歌手になると決めて練習を始めたが「すぐ練習をさぼって父に怒られました」と照れくさそうに振り返る。活動を全面的に応援してくれる両親には感謝している。16歳という年頃ながら、父とは周囲から”一卵性親子”と言われるくらい仲良しだという。母はメイクやファッションの相談相手。「メジャーデビューして、いつか両親と弟に大きな家を買ってあげるのが夢です」。

 ○…今春高校に入学したばかりの現役女子高生。同世代の心情をまっすぐ表す作詞力は特に評価が高く、著名作詞家も絶賛した。「日常生活での色んな思いとか、もっとこうなりたいっていう葛藤を詞にぶつけている」と話す。音楽に関しても悩みは多く、歌やギターの技術ばかり気にしながら歌っていた時期もあったという。しかし、最近は歌うことで何を伝えたいのかが一番大事だと思えるようになった。「何かを伝えるためには、まず自分が楽しんで歌わないとダメだと気付いた」。それ以後”日々を楽しむ”ことをモットーにしている。今後は「歌手活動以外にも、女優やモデル、色々なことに挑戦してみたい」。保土ケ谷が生んだ女子高生ロッカーは、夢への道を歩み始めた。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク