保土ケ谷区版 掲載号:2011年7月21日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷公園内ギャラリーを拠点に活動するアーティスト 森田 ヒロさん 栄区在住 46歳

地域そのものを芸術に

 ○…アーティストとして画集出版や個展を成功させるほか、子ども達に絵の楽しさを体感してもらうイベントなどを、保土ケ谷公園を始め市内各地で開催。地域と芸術の融合を目指して活動を続けている。

 ○…2、3歳の子どもたちと一緒に、クレヨンや絵の具で大きなキャンバスに絵を描き、作品を作りあげる。『楽描(らくがき)アートセッション』と呼ばれるこのイベントは好評で、完成した絵は本にもなった。”楽描”という言葉には、「楽しく描くんじゃない。描く楽しさを知ってほしい」との願いがこめられている。まだ言葉で多くを伝えられない幼い子どもだからこそ、大人には絶対にマネできない芸術を生み出すという。

 ○…震災後は、地元住民から募った応援物資と、子どもたちと一緒に描いたアートで作った”東北応援フラッグ”を、直接被災地へ届ける活動も。これまで2度宮城県石巻市に足を運び、避難所や保育園で被災者の子どもたちとも”楽描”を行った。瓦礫の山を目にした時は「出しゃばったかな」という不安もあった。しかし「応援フラッグを見て泣いて喜んでくれる人、笑顔で絵を描いてくれる子ども達を見て本当に嬉しかった」という。今後も芸術を通じた支援を続けていくつもりだ。

 ○…普段の活動では、地域との共存を常に念頭に置いており、芸術を通じて人々と繋がることを大切にしている。「いろんな人が繋がりあって一緒に暮らしている。地域そのものがアート」と表現する。もう1つ、自身のアートに欠かせないのが音楽。カフェ等でDJも行い、個展でも会場では必ず音楽を流す。観客の前で演奏に合わせて絵を描くイベントでは、”美術のライブ”として、絵と音楽とを見事に融合させる。「絵を通じて人と対話する。アートがあれば幸せ。絵と音楽が無いと死んじゃうよ」と笑う根っからのアーティスト。これからも地域というキャンバスに、幸せを描き続ける。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク