保土ケ谷区版 掲載号:2011年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

デビュー25周年を迎えたアルゼンチンタンゴ歌手 小原 みなみさん 区内・狩場町在住

本場で身に付けた「情熱の調べ」

 ○…取材冒頭、まずはデビューからの歩みを振り返ってもらおうと構える記者の前に、膨大な資料と写真を抱えて現れた。さらにDVD映像を交え自身の活動をつぶさに解説する。そこには日本人には馴染みの薄いアルゼンチンタンゴの魅力を「本物を見せる」事で分かってもらいたいという、強い願望が感じられた。

 ○…猪突猛進型で負けず嫌い、さらに高いプロ意識で道を切り開いてきた。タンゴとの出会いは30代後半と遅咲きながら、子育ての合間を縫って猛勉強の末、スペイン語を習得。「どうせ学ぶなら本場で」と、飛行機で32時間かけて何度も短期留学を繰り返し、現地では”巨匠”と崇められる歌手に師事。元々ピアノ教師という素養も手伝ってメキメキと頭角を顕し、その情熱的な歌い方で外国人の聴衆を魅了。各国でリサイタルを成功させ、南米最大のフェスティバルでは10万人規模のステージにも出演するなど、日本人歌手『コハラ ミナミ』の名声は、今も海外でも轟いている。

 ○…さらに民謡とタンゴをアレンジした独自の編曲で文化交流の一翼を担うなど活躍の幅を広げている様子。現在は歌手生活25周年を記念して12月に県民ホールで開催するコンサートに向け、準備に忙しい日々を過ごす。常に妥協を許さぬ姿勢を貫き、ステージ構成から共演者の選定、プログラム作成などを一人でこなしているだけに「心のこもり方が違いますよ」とキッパリ。晴れ舞台に向けて、体力作りのスポーツクラブ通いも順調との事で、充実感漂う笑顔をみせてくれた。

 ○…こうした功績を紹介した過去の新聞記事などを見せてもらっているうちに、予定時間を大幅に超過してしまった今回の取材。だが自慢話を聞かされた感は一切なく、むしろアルゼンチンタンゴへの興味がわいた。前出の巨匠の名前が「オズワルト・プグリエーゼ氏」だという事を、最後にはすっかり覚えてしまったのも、その証なのかもしれない。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

3月15日号

尾崎 栄治さん

ハングリータイガー保土ケ谷本店に草創期から50年近く勤務する

尾崎 栄治さん

3月8日号

小久江 清治さん

「保土ケ谷古文書の会」の会長を務める

小久江 清治さん

3月1日号

早坂 信一さん

映画「みんなの学校」上映の準備を進めた障害者地域活動ホーム「ほどがや希望の家」所長

早坂 信一さん

2月22日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク