保土ケ谷区版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

学園通り交通規制 取り締まりを強化 通学路の安全確保へ

社会

次々と進入する車両を警察官が呼び止める
次々と進入する車両を警察官が呼び止める

 桜台小学校や岩崎中学校の前を走る市道(通称・学園通り)で行われている交通規制に関し、違反車両が多い問題を受け、保土ケ谷警察署(福井隆署長)が取り締まりを強化している。通学路の安全確保のため、周知を含め、規制の徹底に力を入れていく方針だ。

 学園通り沿いには、幼稚園や小・中・高等学校が隣接。通学路として多くの児童や生徒が利用するが、道幅が狭く車両の通行量が多いことから、地元でも「危険な通り」として知られている。

 このため登校時間のピークとなる平日の午前8時から9時の1時間、許可車両以外を通行止めとする規制が敷かれている。対象となるのは「月見台」の交差点から「花見台交番前」交差点手前までの区間。

 路線バスやゴミ収集車などの特別車両のほか、この区間を通行せざるを得ない通り沿いの住民などは、警察署への申請をした上で、許可車両として通行を認められている。

 しかし最近は違反車両が増えてきたため、同署では対策を徹底。看板を設置するなどして規制の周知をはかるほか、取り締まりの強化を行っている。

 取材中(7月17日)にも数分に1台のペースで車両が進入。反則切符を切る警察官の姿が頻繁に見られた。同署署員によると、違反者の半数以上が規制を知っていながらの進入。標識を見落とすなど、知らずに違反をする運転手は少ないという。

 同署では「取り締まりは今後も継続し、違反車両を減らしていきたい」としている。また「規制はあくまで特別なもの。歩行者側も交通ルールを守った通行を心がけることが大切」と話していた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク