保土ケ谷区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

福祉施設の慰問など地元を中心に活躍するマジシャン「ミスター珍弦齋」こと 入江 のぶ夫さん 上星川在住 77歳

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

ピンチこそ楽しい

 ○…本業の傍ら、マジシャンとして活動して約40年。区内のイベントや福祉施設を回り、マジックを披露している。その活動が評価され昨年12月には保土ケ谷区社会福祉協議会から、表彰状が贈られた。マジックの魅力は一瞬の楽しさ。時の総理大臣の前で披露したこともある。「もう一回やってと言われたけど、総理に頼まれてもマジックは2回できませんとお断りしたよ。残念と言っていたけど」と大きな声で笑った。

 ○…芸名の由来は、野菜のチンゲンサイから。カンフー服を着てステージに立ち中国語を話しながら披露するため、中国人のような響きが気に入った。最近は子どもたちの前で披露するの楽しみの一つ。「喜ぶ姿が嬉しいね」と優しい笑顔に。子どもたちを見守りたいと、登校時に上星川駅前で旗を持ち保護誘導も始めた。子どもたちからは珍先生と呼ばれている。

 ○…香川県坂出市出身。妻と二人で上星川に住む。若いころ通った居酒屋のマスターのマジックを見て虜に。独学ではじめ自身が経営した飲食店でも、お客さんに披露。「預かった1万円が千円に変わったりしてね、驚いていたなあ」と懐かしむ。独学に限界を感じ、Mr.マリックにも入門。にぎわい座など大きな舞台にも出演した。定年だからと飲食店は閉めたものの、友人が経営する靴修理の仕事場を見たら、魅了され技を学び開業。「今はマジック7割で仕事は週2、3日」と苦笑い。ゆっくりした日々はまだ先だ。

 ○…「ピンチを乗り越えるときが楽しい」と語る。ステージで失敗することもある。あせらず冷静を装い、どんなどんでん返しをするかを考える。「うまく乗り越えたときは本当におもしろくて」と話す言葉に力がこもる。ステージではカンフー服でも、仕事では必ずネクタイを締めるのが飲食店時代からのこだわり。「気持ちがシャキッとするでしょ」と、二つの顔を存分に堪能している。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

古田 潤二郎さん

保土ケ谷歯科医師会の会長に就いた

古田 潤二郎さん

神戸町在住 57歳

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook