保土ケ谷区版 掲載号:2015年4月9日号 エリアトップへ

保土ケ谷球場に新愛称 サーティーフォーが命名権

社会

掲載号:2015年4月9日号

  • LINE
  • hatena
神奈川の高校球児にとって憧れの保土ケ谷球場
神奈川の高校球児にとって憧れの保土ケ谷球場

 県は3月31日、保土ケ谷公園硬式野球場のネーミングライツパートナー契約を(株)サーティーフォー(唐橋和男代表取締役)との間で交わしたと発表した。契約期間は5年でパートナー料は1055万円(税抜)。これに伴い4月1日から球場名は同社の社名が愛称として冠され「サーティーフォー保土ヶ谷球場」に変更された。

 公設のスポーツ・文化施設などに企業名やブランド名を愛称として冠することができるネーミングライツ制度。2003年に東京都調布市の競技場が国内では初めてこの仕組みを使い「味の素スタジアム」となって以来、新たな自主財源確保の手法として制度を導入する自治体が増えている。

 当初はスポーツ施設や文化施設などで活用されることが多かったが、近年ではその幅が拡大。橋や道路、歩道橋などにもパートナーを募集し愛称が付けられるケースも増えてきた。

 神奈川県では10年度から制度を導入。同野球場の命名権スポンサーもこの時に募集され神奈川新聞社との間で5年間のパートナー契約を交わした。契約料は総額750万円(税抜)で、芝生の養生やラバーフェンスの補修など球場の維持管理費に充てられたという。

 同社との契約が3月に終了することから県は2月から3月にかけて新たな命名権者を募集。応募のあった2社を提案額や社会貢献、企業の運営体制などから評価し、契約先を選定した。

 命名権を手にした(株)サーティーフォーは相模原市内に本社を持つ不動産・建設事業者。4年前には地元の相模原球場のネーミングライツを取得している。

 今回、県との間でパートナー契約を結んだ保土ケ谷球場の契約料は5年間で1055万円(税抜)。すでに球場正面ゲートやバックスクリーンなどには新球場名の看板が設置された。

 県財産経営部によると4月6日現在、野外体験施設やトンネル、橋など8つの県有施設でネーミングライツパートナー契約が採用されている。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

5月16日号

三ツ沢をブルーで染める

横浜FC

三ツ沢をブルーで染める スポーツ

6月29日に保土ケ谷区民デー

5月16日号

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業 社会

毎時最大4本程度

5月1日号

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月1日号

豊作願い鍬入れ式

ほどがや元気村

豊作願い鍬入れ式 社会

区内唯一の水田で児童55人

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク