保土ケ谷区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

保土ケ谷公園ギャラリー 立体地図の世界展 花見台周辺の新作も

文化

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena
保土ケ谷公園周辺の地形図を製作する村田さん
保土ケ谷公園周辺の地形図を製作する村田さん

 「ほどがやガイドボランティアの会」で顧問を務めている村田啓輔さん(84)が手掛けた立体地図作品を展示する企画展が花見台の県立保土ケ谷公園内のギャラリー・コーエンで開かれている。展示は9月18日(月・祝)まで。

 歴史や地理を好み、訪れた先の景色や行くことができない場所を「鳥のように上から見てみたい」と考えていたという村田さんは、定年後の趣味として薄いシート状の材料を等高線どおりに切り、重ねていくことで勾配や地形の特徴が実感できる立体地図の製作を独学で始めた。1933(昭和8)年生まれの酉年。「酉年だからですかね、鳥の目線で土地を見たいんです」という。

 現在では市内を中心に開かれる講座で講師を務め、昨年は旧東海道神奈川宿から藤沢宿までの各宿場町の当時の様子を再現した立体地図を製作するプロジェクトで指導役を買って出た。保土ケ谷区役所1階に常設されている昭和初期の地形図をもとに区内の街並みの変化を模した立体地図は10年前、区制80周年を記念して製作した作品だ。

 今回の企画展ではエベレストや箱根全山、日光、尾瀬、ハワイ6島などの約20年の間に作りためた作品に加え、会場となる保土ケ谷公園周辺の地形図も製作した。等高線に沿い2mごとにカッターで切り抜いたスチレンペーパーの層を最大31層積み重ねた作品は、花見台周辺を約1200分の1のサイズで再現。高低差とともにサッカー場の芝生や野球場のスタンドなど、園内の施設も細部に渡り丁寧に再現されている大作だ。作品展を前に村田さんは「年男となり、これまで作ってきたものを多くの方々にご覧いただければと思う」と話した。

 観覧時間は午前10時から午後7時まで。毎週月曜休館で入場無料。問合せは同公園管理事務所【携帯電話】045・333・5515へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

心躍る壁画お目見え

初音ヶ丘

心躍る壁画お目見え 社会

「こんな時こそ、上を向いて」

1月27日号

過去2番目を記録

2021年救急出場数

過去2番目を記録 社会

8月には月別の最多も更新

1月27日号

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook