保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

帷子川にサケの稚魚放流 震災復興支援で3千匹

社会

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
大勢の人で賑わった
大勢の人で賑わった

 東日本大震災から8年となる前日の3月10日、川辺町親水公園で、サケの稚魚を放流するイベントが開かれた。震災復興支援イベントとして行われている取り組みでこの日は約3千人が参加した。

 震災で大きな被害に見舞われた山田町出身で上菅田町に暮らす石崎久仁王さんの呼びかけで集まった有志らが、震災から2年後の春にサケの稚魚150匹を放流して以来、毎年行われてきた事業。

 今年は岩手県山田町の漁協から譲り受けたサケの受精卵を区内の幼稚園や小学校など30カ所でふ化、飼育していた。この日は体長7cmほどに成長した稚魚およそ3千匹が帷子川に放たれた。

 サケは4年ほどで育った川に戻る習性があるというが帷子川で成長したサケが泳ぐ姿は確認されていない。かつては「横浜で一番汚い川」とされた帷子川だか、近年はアユの遡上が確認されるなど水質は改善しているだけに、「今年こそは戻ってきてくれれば」と関係者の期待は高い。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク