保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

横浜FC斉藤光毅選手 「日本の顔になる」 令和時代の怪物候補

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 スポーツシーンでは時代ごとに怪物と呼ばれる逸材が登場する。川島町に拠点を構えるサッカーJ2「横浜FC」に令和時代のサッカーシーンをけん引する可能性を秘めた逸材がいる。FW斉藤光毅選手(17)、4月には途中出場したリーグ戦で待望の初ゴールを記録。飛び級でU―20日本代表にも召集され、5月末にポーランドで開催される世界大会での活躍が期待される。

 4月21日に行われたホーム・ニッパツ三ツ沢球技場での平成最後のホーム戦。後半9分から途中出場した斉藤選手はGKからのロングボールに反応し、持ち味のスピードを活かしゴールライン際で相手DFを交わすと右足を一閃。豪快にゴールネットを揺らした。

 令和時代のサッカーシーンを象徴する存在になり得る逸材は2歳上の兄の影響で幼少期からサッカーボールを蹴り始めた。小学1年生で地元のサッカークラブに入団。日が暮れるまで公園でボールを蹴り続けた「サッカー小僧」はこの頃すでにプロ選手になる夢を小さな胸に宿していた。

 夢を実現させるべく中学進学を機に横浜FCジュニアユースチームのセレクションに合格。プロの下部組織で指導を受けながらレベルアップを図り、昨年3月にはユース所属ながらトップチームの公式戦に出場できる2種登録選手になり、7月に待望のJリーグデビュー。9月にはプロ契約を勝ち取った。「嬉しい気持ちはあったが次々と課題や目標が生まれてきて浸っている時間はなかった。めざしているものはもっと上にあるので、満足という感情はなかった」。プロ契約は夢の実現へのスタートだった。

横浜から世界へ

 見据える先には世界の舞台がある。「海外に出て代表でも活躍して日本の顔になる」。あどけなさの残る表情が一変し鋭い眼光でそう話す姿には強い信念を感じさせる。

 すでに年代別代表として日の丸を背負い、17歳だが20歳以下の日本代表にも飛び級で召集。5月末のU―20ワールドカップでの活躍が期待される。「サッカーキャリアでも大きな影響を与える大会にできるようにしていきたい」

 令和時代の怪物候補が横浜から世界へ羽ばたきの時を迎える。
 

切れ味鋭いドリブルも持ち味のひとつ
切れ味鋭いドリブルも持ち味のひとつ

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

高架下空間開発に着手

相模鉄道本線星川―天王町間

高架下空間開発に着手 社会

スーパーやカフェなど計画

10月21日号

生徒考案のパン販売

県商工高校総合ビジネス科

生徒考案のパン販売 社会

横浜駅構内など8店舗で

10月14日号

横浜国大に台風研究機関

横浜国大に台風研究機関 社会

「制御」や「発電」も視野

10月14日号

仏向町の森に熱帯昆虫

仏向町の森に熱帯昆虫 社会

「アカギカメムシ」見つかる

10月7日号

女子団体組手で全国制覇

西谷中空手道部

女子団体組手で全国制覇 スポーツ

団体形でも準優勝

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook