保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

横浜FC斉藤光毅選手 「日本の顔になる」 令和時代の怪物候補

スポーツ

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 スポーツシーンでは時代ごとに怪物と呼ばれる逸材が登場する。川島町に拠点を構えるサッカーJ2「横浜FC」に令和時代のサッカーシーンをけん引する可能性を秘めた逸材がいる。FW斉藤光毅選手(17)、4月には途中出場したリーグ戦で待望の初ゴールを記録。飛び級でU―20日本代表にも召集され、5月末にポーランドで開催される世界大会での活躍が期待される。

 4月21日に行われたホーム・ニッパツ三ツ沢球技場での平成最後のホーム戦。後半9分から途中出場した斉藤選手はGKからのロングボールに反応し、持ち味のスピードを活かしゴールライン際で相手DFを交わすと右足を一閃。豪快にゴールネットを揺らした。

 令和時代のサッカーシーンを象徴する存在になり得る逸材は2歳上の兄の影響で幼少期からサッカーボールを蹴り始めた。小学1年生で地元のサッカークラブに入団。日が暮れるまで公園でボールを蹴り続けた「サッカー小僧」はこの頃すでにプロ選手になる夢を小さな胸に宿していた。

 夢を実現させるべく中学進学を機に横浜FCジュニアユースチームのセレクションに合格。プロの下部組織で指導を受けながらレベルアップを図り、昨年3月にはユース所属ながらトップチームの公式戦に出場できる2種登録選手になり、7月に待望のJリーグデビュー。9月にはプロ契約を勝ち取った。「嬉しい気持ちはあったが次々と課題や目標が生まれてきて浸っている時間はなかった。めざしているものはもっと上にあるので、満足という感情はなかった」。プロ契約は夢の実現へのスタートだった。

横浜から世界へ

 見据える先には世界の舞台がある。「海外に出て代表でも活躍して日本の顔になる」。あどけなさの残る表情が一変し鋭い眼光でそう話す姿には強い信念を感じさせる。

 すでに年代別代表として日の丸を背負い、17歳だが20歳以下の日本代表にも飛び級で召集。5月末のU―20ワールドカップでの活躍が期待される。「サッカーキャリアでも大きな影響を与える大会にできるようにしていきたい」

 令和時代の怪物候補が横浜から世界へ羽ばたきの時を迎える。
 

切れ味鋭いドリブルも持ち味のひとつ
切れ味鋭いドリブルも持ち味のひとつ

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

5月16日号

三ツ沢をブルーで染める

横浜FC

三ツ沢をブルーで染める スポーツ

6月29日に保土ケ谷区民デー

5月16日号

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業 社会

毎時最大4本程度

5月1日号

豊作願い鍬入れ式

ほどがや元気村

豊作願い鍬入れ式 社会

区内唯一の水田で児童55人

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク