保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 11月30日に開業 毎時最大4本程度

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)(相鉄)と東日本旅客鉄道(株)は工事が進められている「相鉄・JR直通線」について今年11月30日に開業すると発表した。これにより都心へのアクセス向上に加え、既設路線の混雑緩和や沿線地域への活性化なども期待されている。

 「相鉄・JR直通線」は相鉄線・西谷駅から羽沢地区に建設中の新駅「羽沢横浜国大駅」間に新たに連絡線を設け、相鉄線とJR線の相互直通運転を行うもの。神奈川県央部と東京都心部の直結により、広域鉄道網が構築され、所要時間の短縮や乗換回数の減少といった利便性が向上する。

 これまで相鉄線を利用し、渋谷や新宿など東京方面に向かう場合、横浜駅を経由する必要があったが直通線開通により乗り換えることなく1本で行くことが可能になる。相鉄によると横浜駅での乗り換えを含め約1時間要している二俣川駅から新宿駅までの所要時間は直通線開通後およそ44分に短縮されるという。

 開通は11月30日で運行頻度(片道)は朝のラッシュ時には1時間に4本程度、その他の時間帯は2〜3本程度を予定。運転ダイヤや停車駅などはこれから決まる。

 さらに相模鉄道では、羽沢横浜国大駅から現在の新横浜駅付近に新設される予定となっている新駅を経由し東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間を結ぶ連絡線を新たに設け、相鉄線と東急線が相互直通運転を行う「相鉄・東急直通線」の開業も2022(令和4)年度下期に予定。

 この路線を活用すれば、横浜駅を経由することなく東海道新幹線の停車駅である新横浜駅まで行くことができ、新幹線へのアクセスが大幅に向上することになる。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

夏の決勝、保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝、保土ケ谷で スポーツ

五輪開催措置で45年ぶり

2月20日号

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク