保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 11月30日に開業 毎時最大4本程度

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)(相鉄)と東日本旅客鉄道(株)は工事が進められている「相鉄・JR直通線」について今年11月30日に開業すると発表した。これにより都心へのアクセス向上に加え、既設路線の混雑緩和や沿線地域への活性化なども期待されている。

 「相鉄・JR直通線」は相鉄線・西谷駅から羽沢地区に建設中の新駅「羽沢横浜国大駅」間に新たに連絡線を設け、相鉄線とJR線の相互直通運転を行うもの。神奈川県央部と東京都心部の直結により、広域鉄道網が構築され、所要時間の短縮や乗換回数の減少といった利便性が向上する。

 これまで相鉄線を利用し、渋谷や新宿など東京方面に向かう場合、横浜駅を経由する必要があったが直通線開通により乗り換えることなく1本で行くことが可能になる。相鉄によると横浜駅での乗り換えを含め約1時間要している二俣川駅から新宿駅までの所要時間は直通線開通後およそ44分に短縮されるという。

 開通は11月30日で運行頻度(片道)は朝のラッシュ時には1時間に4本程度、その他の時間帯は2〜3本程度を予定。運転ダイヤや停車駅などはこれから決まる。

 さらに相模鉄道では、羽沢横浜国大駅から現在の新横浜駅付近に新設される予定となっている新駅を経由し東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間を結ぶ連絡線を新たに設け、相鉄線と東急線が相互直通運転を行う「相鉄・東急直通線」の開業も2022(令和4)年度下期に予定。

 この路線を活用すれば、横浜駅を経由することなく東海道新幹線の停車駅である新横浜駅まで行くことができ、新幹線へのアクセスが大幅に向上することになる。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

5月16日号

三ツ沢をブルーで染める

横浜FC

三ツ沢をブルーで染める スポーツ

6月29日に保土ケ谷区民デー

5月16日号

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月1日号

豊作願い鍬入れ式

ほどがや元気村

豊作願い鍬入れ式 社会

区内唯一の水田で児童55人

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク