保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた 植松 哲平さん 岡山県岡山市出身 39歳

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

立ち寄りやすい「サロン」に

 ○…平日午後3時。ラジオをFMヨコハマに合わせると、番組の始まりを告げる「びっちょーん」のフレーズが響く。音楽バラエティ番組として人気を集める「Tresen(トレセン)」を引き継ぎ、今年で3年目。月曜から金曜まで4時間の生放送で、「トレセンは生活そのもの。常にリスナーのことは頭にある。聴く人にも生活の中で立ち寄る『サロン』のように親しんでもらえたら」。

 ○…曜日ごとに異なるパートナーを迎えるメインDJの立場で、「相手によってゴールをイメージするけど、時に『じゃない』方法でゴールが決まる。その予想外が楽しい」と醍醐味を語る。自身は「個性がなくて、裏方志向」と控えめだが、夕方のひと時に「誰が聴いても嫌な思いをしないように」と、番組全体のバランスを俯瞰的にも見ながら盛り上げている。

 ○…岡山市出身。高校卒業後に芸人をめざし、吉本興業ではフットボールアワーやチュートリアルなど「絶望するほど面白い先輩たち」の若手時代をそばに感じていた。「しんどかったのはコンビ解散後に上京してから」。お笑いの道に挫折し、通信会社の営業職として働き出した。だが1年ほどで再び、「お金より、面白い仕事をしたい」と音楽業界に飛び込んだことが今に繋がっている。

 ○…自身も中高生時代にはラジオに親しみ、最新の音楽や深夜番組のめちゃくちゃな面白さを知った。「楽しみ方は変わっても、ふいに生まれるグルーヴ感は昔と同じものがある」とラジオの可能性に期待を寄せる。神奈川県は「バラエティの豊かさでは1番。田舎と都会の幅がいい。そしてリスナーも、ダンプカーのお兄さんからお迎え中のお母さんまで幅広く聴いてくれている」。そんな人たちを想像しながら、今日も声を届けていく。
 

10月1日オープン予定

9月6日、7日、8日オープニングセミナー開催

https://www.tsukui.net

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月19日号

咲き織 順子さん

西久保町で裂き織のアトリエ教室を開いている

咲き織 順子さん

月見台在住 72歳

9月12日号

坂井 路代さん

保土ケ谷区食生活等改善推進員会(ヘルスメイト)の会長を務める

坂井 路代さん

霞台在住 50歳

9月5日号

根本 稔さん

高齢者向けの送迎支援を運営する仏向地区社会福祉協議会の会長

根本 稔さん

仏向町在住 73歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

松田 親明さん

横浜保土ケ谷ロータリークラブの会長に就任した

松田 親明さん

 86歳

8月15日号

土屋 光廣さん

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した

土屋 光廣さん

52歳

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク