保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた 植松 哲平さん 岡山県岡山市出身 39歳

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

立ち寄りやすい「サロン」に

 ○…平日午後3時。ラジオをFMヨコハマに合わせると、番組の始まりを告げる「びっちょーん」のフレーズが響く。音楽バラエティ番組として人気を集める「Tresen(トレセン)」を引き継ぎ、今年で3年目。月曜から金曜まで4時間の生放送で、「トレセンは生活そのもの。常にリスナーのことは頭にある。聴く人にも生活の中で立ち寄る『サロン』のように親しんでもらえたら」。

 ○…曜日ごとに異なるパートナーを迎えるメインDJの立場で、「相手によってゴールをイメージするけど、時に『じゃない』方法でゴールが決まる。その予想外が楽しい」と醍醐味を語る。自身は「個性がなくて、裏方志向」と控えめだが、夕方のひと時に「誰が聴いても嫌な思いをしないように」と、番組全体のバランスを俯瞰的にも見ながら盛り上げている。

 ○…岡山市出身。高校卒業後に芸人をめざし、吉本興業ではフットボールアワーやチュートリアルなど「絶望するほど面白い先輩たち」の若手時代をそばに感じていた。「しんどかったのはコンビ解散後に上京してから」。お笑いの道に挫折し、通信会社の営業職として働き出した。だが1年ほどで再び、「お金より、面白い仕事をしたい」と音楽業界に飛び込んだことが今に繋がっている。

 ○…自身も中高生時代にはラジオに親しみ、最新の音楽や深夜番組のめちゃくちゃな面白さを知った。「楽しみ方は変わっても、ふいに生まれるグルーヴ感は昔と同じものがある」とラジオの可能性に期待を寄せる。神奈川県は「バラエティの豊かさでは1番。田舎と都会の幅がいい。そしてリスナーも、ダンプカーのお兄さんからお迎え中のお母さんまで幅広く聴いてくれている」。そんな人たちを想像しながら、今日も声を届けていく。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

縣 洋之さん

「みどりの愛護」功労者国交省表彰を受けた境木ふれあいの樹木運営委員会会長

縣 洋之さん

境木本町在住 75歳

5月23日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

62歳

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

境木町在住 79歳

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

法泉在住 54歳

3月28日号

金子 美知子さん

「防犯川柳コンクール」で選者を務める

金子 美知子さん

釜台町在住 83歳

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク