保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた 植松 哲平さん 岡山県岡山市出身 39歳

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

立ち寄りやすい「サロン」に

 ○…平日午後3時。ラジオをFMヨコハマに合わせると、番組の始まりを告げる「びっちょーん」のフレーズが響く。音楽バラエティ番組として人気を集める「Tresen(トレセン)」を引き継ぎ、今年で3年目。月曜から金曜まで4時間の生放送で、「トレセンは生活そのもの。常にリスナーのことは頭にある。聴く人にも生活の中で立ち寄る『サロン』のように親しんでもらえたら」。

 ○…曜日ごとに異なるパートナーを迎えるメインDJの立場で、「相手によってゴールをイメージするけど、時に『じゃない』方法でゴールが決まる。その予想外が楽しい」と醍醐味を語る。自身は「個性がなくて、裏方志向」と控えめだが、夕方のひと時に「誰が聴いても嫌な思いをしないように」と、番組全体のバランスを俯瞰的にも見ながら盛り上げている。

 ○…岡山市出身。高校卒業後に芸人をめざし、吉本興業ではフットボールアワーやチュートリアルなど「絶望するほど面白い先輩たち」の若手時代をそばに感じていた。「しんどかったのはコンビ解散後に上京してから」。お笑いの道に挫折し、通信会社の営業職として働き出した。だが1年ほどで再び、「お金より、面白い仕事をしたい」と音楽業界に飛び込んだことが今に繋がっている。

 ○…自身も中高生時代にはラジオに親しみ、最新の音楽や深夜番組のめちゃくちゃな面白さを知った。「楽しみ方は変わっても、ふいに生まれるグルーヴ感は昔と同じものがある」とラジオの可能性に期待を寄せる。神奈川県は「バラエティの豊かさでは1番。田舎と都会の幅がいい。そしてリスナーも、ダンプカーのお兄さんからお迎え中のお母さんまで幅広く聴いてくれている」。そんな人たちを想像しながら、今日も声を届けていく。
 

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

川村 敏巨さん

保土ケ谷区剣道連盟の会長に就任した

川村 敏巨さん

上菅田町在住 63歳

6月17日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

萩原 聡敦さん

(公財)横浜市老人クラブ連合会主催のかがやきクラブ横浜将棋大会で優勝した

萩原 聡敦さん

今井町在住 62歳

6月3日号

寺山 洋司さん

権太坂境木自治会で150号の発行を迎えた「安全・安心たより」の発案者

寺山 洋司さん

55歳

5月27日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

5月20日号

山田 真由美さん

「郵便局スタジオ」でカメラマンを担当した

山田 真由美さん

坂本町在住 50歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter