保土ケ谷区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

米国内での原水爆禁止世界大会に参加し、腹話術で核廃絶を訴える 中尾 みゆうさん 岩間町在住 16歳

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

「ずっと笑っていたい」

 ○…4月にニューヨークで開かれる原水爆禁止世界大会に、相棒の「けんちゃん」と参加する。「被爆経験のある人が少なくなっている時代だからこそ、若い人が声をあげなくちゃいけない」と力強い。「堅い話題でも、人形を挟むと場が和んで仲良くなれる。私なりのやり方で、明るくポップに核廃絶を訴えたい」と意気に燃える。

 ○…芸歴8年目。寄席やボランティア活動で公演を重ねている。政治の風刺やタブー視されるような話でも「笑いに変えることでお客さんの心に寄り添うことができるところ」が腹話術の最大の魅力。今までもパフォーマンスで人の心が開けていく様子を何度も見てきた。「腹話術には無限の可能性があると思う」

 ○…2011年3月11

日午後2時46分。当時は小学1年生で下校中の出来事だった。経験したことのない大きな揺れ。工事中の天王町団地の足場もガシャガシャと大きな音を立てて揺れていた。震災から2年後、福島で激励公演を行う師匠に志願し、初めて被災地に赴いた。ステージで腹話術を披露した後、地元の人から掛けてもらった「ありがとう。生きててよかった」という感謝の声は今でも忘れられない。「被災地の皆さんを元気づけるために行ったけれど、私がもらったものの方が多かった。あの経験は今の活動のルーツにもなっていると思います」

 ○…帷子小、岩崎中の出身。映画やドラマ、ミュージカルなどエンターテイメントが好きで、幼少期には脚本家を志していた時期もあるほど。「笑えるお話が好き」と話す通り、お気に入りの脚本家は『あまちゃん』でも知られる工藤官九郎さんだ。「笑うことは健康にもいいんですよ。これ、師匠の受け売りですけど」。この日一番の笑顔が弾けた。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

一松 倫子さん

知的障害者バスケットボールの女子日本代表チームヘッドコーチを務める

一松 倫子さん

東川島町在住 55歳

1月21日号

石井 泰彦さん

保土ヶ谷区薬剤師会の会長を務める

石井 泰彦さん

西谷町在勤 42歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

明神台リトルグランパース出身 18歳

1月1日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク