保土ケ谷区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

横浜FC 再生プラでチームグッズ ボトルキャップ50gで進呈

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 川島町に拠点を構えるサッカーJ1・横浜FCがコロナ禍で中断されていたペットボトルのキャップを回収するプロジェクトを4月17日のホームゲームから再開した。オフィシャルパートナーを務める西区の(株)湘南貿易(橋本則夫代表取締役)との共同事業で、集まったキャップをリサイクルしチームグッズを制作する。

 サッカークラブを核とした循環の仕組みを構築し「リサイクルの地産地消」をめざすプロジェクトは、プラスチック再生機の輸入・販売などを手掛けている同社が横浜FCのサポーティングカンパニーとなったことを機に2019年シーズンからスタートした。

 ニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲームの際、会場にブースを設置しペットボトルキャップを回収。19年シーズン中に集まったキャップを再生した樹脂を素材にしたチームグッズを制作し、20年シーズンからキャップ提供者に進呈する計画だったが、コロナ禍でプロジェクトは中断していた。

12試合で6万5千個

 19年シーズンは12試合でブースを設置。5400人ほどがキャップを提供し、6万5千個ほど(キャップ1個を2・5gとして参加人数より換算)のキャップが集まっていた。再始動日となった17日にキャップ提供者に手渡された「マスクストラップ」は、19年シーズン中に集まったキャップを粉砕した再生素材を溶かし成型したもの。

 三浦知良選手や中村俊輔選手らの背番号が入った非売品で、19年シーズン中にも取り組みに参加したという親子サポーターは「自分たちが持ち寄ったキャップがリサイクルされてこういった形で戻ってくる。リサイクルをより身近に感じることができた。これからもキャップを集め取り組みに協力していきたい」と話した。

ホームG会場に回収ブース設置

 回収ブースは今後もホームゲームの開催日にキックオフ3時間前から試合開始前までホームゴール裏入場口付近に設置される。チームカラーの青色のグッズを製作するため、青色系とその他の色に分別したキャップを50g以上持参すると再生素材を使ったチームグッズが進呈される。

 同社の土井菜穂子さんは「せっかくサポーターの皆さんからいただいたキャップなので、喜んでもらえる物に生まれ変わらせてお返ししたい。今後も色々と考え、喜んでもらえる物に生まれ変わらせていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「孤立防止」に力点

区地域福祉保健計画

「孤立防止」に力点 社会

ポイントは担い手発掘

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter