保土ケ谷区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載5 法話箋 〜鹿苑〜 「四諦(したい)について」

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

 釈迦は35歳で悟りを開いてから80歳で亡くなるまで(諸説あり)、苦しみや悩みを抱えているさまざまな人々に対して説法をしました。

 ある時は若き未亡人。ある時には孤独な大富豪。またある時には自殺志願者。あるいは、不治の病を抱えている人。このように、釈迦の説法(仏教)は、苦しみを抱えて生きている人を救うための教えと言えるでしょう。

 故に、仏教は苦しみ(苦、く、煩悩の結果)が大前提となります。そして、その苦しみの原因(集、じゅう、煩悩のこと)を知り、苦しみのない状態(滅、めつ、悟りのこと、修行の結果)を目指して、それに至る方法(道、どう、修行のこと、悟りの原因)を実践する。これが、仏教の言わんとするところです。

 この、苦(く)、集(じゅう)、滅(めつ)、道(どう)をまとめて「四諦(したい)」と言います。四諦(したい)は因果応報の法則でできていると言え、仏教の基本的な考え方です。

保土ケ谷区版のコラム最新6

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.453

ミルキーJr.モカのほどがや

「保土ケ谷の公園【1】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

10月21日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【8】

横浜とシュウマイと私

「横浜発・シウマイで街おこし」

10月14日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.452

ミルキーJr.モカのほどがや

「秋といえば?」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

10月7日号

お口の健康フェスティバル

あなたの街の歯医者さんが教えます―

お口の健康フェスティバル

9月23日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.451

ミルキーJr.モカのほどがや

「防災訓練【2】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

9月23日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載6

法話箋 〜鹿苑〜

「成仏の方法〜三学〜」

9月23日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook