鶴見区版 掲載号:2014年2月13日号 エリアトップへ

(PR)

乳児の股関節は大丈夫?  済生会横浜市東部病院 超音波検診を開始 

掲載号:2014年2月13日号

  • LINE
  • hatena
子供の未来のために(写真はイメージ)
子供の未来のために(写真はイメージ)

 横浜市東部地域の中核病院として、幅広い診療科目を持つ済生会横浜市東部病院=鶴見区下末吉=でこのほど、新たに「乳児股関節検診」が始まった。

 この検診は、生後7カ月くらいまでの乳児の潜在的股関節脱臼を診断するもの。同様の検診を行う施設の大半がレントゲン検査だが、同院では被ばくの恐れがなく、より精度の高い超音波(エコー)を使用。整形外科医が専門的な検査を行うのが特徴だ。

「まずは一度受診を」

 現代の潜在的股関節脱臼の発生率は、1000人に1〜3人程度だが、「1歳を超えると後遺障害が残ったり、将来手術が必要になったりする例もある」と同院は話す。また、定期検診などでの診断もあるが、発生率が低い分、触診だけでは見分けがつきにくい面もあり、注意が必要だという。

 同院整形外科医長の船山敦医師は、「欧米では当たり前の検診。一度受けるだけで大丈夫なので、不安に思う方だけでなく、全員に来てほしい」と呼びかける。

生後3〜7カ月が対象

 検査の対象年齢は生後3〜7カ月くらいまで。日時は毎月第1・第3水曜日の午後2時から3時30分まで。受付は予約制で1日9人までとなる。自由診療3500円(治療が必要な場合は保険診療内)。予約・問合せは、済生会横浜市東部病院整形外科【電話】045・576・3000(※平日午前9時〜午後4時)

済生会横浜市東部病院

横浜市鶴見区下末吉3-6-1

TEL:045-576-3000

http://www.tobu.saiseikai.or.jp/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

「処分する前にお電話を」

おたからや

「処分する前にお電話を」

特典多数、出張買取も無料

12月2日号

「処分する前にお電話を」

おたからや

「処分する前にお電話を」

特典多数、出張買取も無料

11月25日号

ふるさと納税セミナー

ふるさと納税セミナー

年末駆け込みもOK!ポイントと注意点を解説

11月25日号

四季の風景をカレンダーで

四季の風景をカレンダーで

県立公園などで販売中

11月25日号

年内剪定ご予約はお早めに

年内剪定ご予約はお早めに

庭木の手入れは今がベスト

11月25日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook