鶴見区版

トップニュースの記事一覧

  • 部活休養日、週2以上へ

    横浜市立中

    部活休養日、週2以上へ 教育

    新年度より実施

     横浜市立中学校では、2018年度より週に平日1日以上、土日1日以上を部活動休養日として設定していく。先月末には、市教育委員会が所管の中学校に通知した。生徒の健...(続きを読む)

  • 5年ぶりの自転車教室

    矢向地区連合会

    5年ぶりの自転車教室 教育

    マナー悪化など背景に

     矢向地区連合会(鈴木憲三会長)が主催する自転車交通安全教室が2月4日、矢向小学校で開かれた。同地区の自転車事故が多いことから、交通ルールの遵守と基本走行の周知...(続きを読む)

  • インフラ整備に積極投資

    市18年度予算案

    インフラ整備に積極投資 社会

    一般会計5.1%増

     横浜市は1月30日、2018年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大規模の1兆7300億円で、前年度当初比5・1%増。2年後に迫る東京五輪などの大規模イベ...(続きを読む)

  • 区内外30機関が連携

    鶴見区災害医療訓練

    区内外30機関が連携 社会

    想定一つ 各拠点で同時に

     一つの想定で区内約30機関の災害時の連携を確認する鶴見区災害医療訓練が、このほど、済生会横浜市東部病院など複数の機関を会場に行われた。同内容の想定で各機関が連...(続きを読む)

  • 北線高架下緑地オープン

    北線高架下緑地オープン 社会

    新たな憩いの場に

     キリンビール(株)横浜工場前を走る横浜環状北線と岸谷生麦線の高架下緑地が1月26日、全面開放された。前日25日には近隣住民や保育園園児などによる歩き初めを実施...(続きを読む)

  • 「総量維持」に重点

    次期緑の保全計画

    「総量維持」に重点 社会

    市が素案公表

     横浜市はこのほど、「横浜みどり税」の使途となっている「横浜みどりアップ計画」の期間終了を控え、新たに「これからの緑の取組(素案)」を公表した。緑地保全制度の指...(続きを読む)

  • 小学校給食の値上げ検討

    横浜市教委

    小学校給食の値上げ検討 教育

    今秋から月額600円増か

     横浜市教育委員会は現行月額4000円の市立小学校給食費について、9月から600円値上げすることを検討している。給食にかかる食材費の高騰が主な理由。価格改定に伴...(続きを読む)

  • 20人に1人が救急利用

    鶴見区

    20人に1人が救急利用 社会

    2017年の火災等概況まとまる

     鶴見区内で昨年一年間に発生した火災と救急出場の速報値が、このほどまとまった。火災件数は63件で、前年比2件増と微増にとどまったが、救急出場件数は同380件増と...(続きを読む)

  • 加入者数 目標の4割

    ハマの自転車保険

    加入者数 目標の4割 社会

    周知不足で浸透進まず

     (一財)横浜市交通安全協会が、市民向けに提供する「ハマの自転車保険」の加入者数が、募集開始から約2年で4千人ほどと伸び悩んでいる。同協会は「周知不足」とするが...(続きを読む)

  • 「振り込め」過去最低に

    鶴見区

    「振り込め」過去最低に 社会

    被害額県内ワースト2位

     鶴見警察署管内で発生した昨年の刑法犯認知数の速報値がこのほどまとめられ、振り込め詐欺の被害額、件数ともに過去最低となった。今年も11日に振り込め詐欺の被害がす...(続きを読む)

  • 南関東へ出場

    タグラグビー豊岡オールスターズ

    南関東へ出場 スポーツ

    5年ぶり 全国めざす

     区内タグラグビーチーム豊岡オールスターズが1月21日に山梨で行われるサントリーカップ第14回全国小学生タグラグビー選手権大会南関東ブロック大会へ出場する。メン...(続きを読む)

  • 地元野菜で宝船

    地元野菜で宝船 文化

    入船公園が初制作

     地元野菜で作られた正月の縁起物「宝船」が入船公園=弁天町=のレストルームに飾られている。宝船の野菜は13日に同公園で行われるどんと焼きで参加者に配布される予定...(続きを読む)

  • 二度目の日本一に

    潮田中マーチング

    二度目の日本一に スポーツ

    大編成では初の栄冠

     潮田中学校のマーチングバンド「YOKOHAMA Pacific Winds」が12月16日に埼玉県で行われた全国大会に出場し、金賞・最優秀賞を受賞。日本一の栄...(続きを読む)

  • 100年へ、区民と関係強固に

    新春区長インタビュー

    100年へ、区民と関係強固に 社会

    伝統、多文化…魅力をつなぐ

     昨年、区制90周年の本番イヤーを終え、100周年に向けて走り始めた鶴見区。将来人口推計では、横浜市が2019年に迎えるピークよりも長く人口増加が見込まれている...(続きを読む)

  • 2641人が門出

    鶴見区の新成人

    2641人が門出 文化

    過去10年で最多

     今年、鶴見区内で新たに成人となるのは、昨年より107人多い2641人で、過去10年で最多となった。市内の新成人は3万6995人で、鶴見区は市内18区中4番目の...(続きを読む)

  • 国際競争力強化を加速

    国際競争力強化を加速 政治

    林市長、新年の抱負語る

     新年の幕開けにあたり、本紙では林文子市長に恒例の新春インタビューを行った。昨年の市長選挙で3期目の当選を果たした林市長。国際的なビッグイベントの開催も控え、市...(続きを読む)

  • 消防技術大会で全国2位

    安善町共同防災組織

    消防技術大会で全国2位 社会

    総務大臣賞を受賞

     区内安善町の4事業所からなる安善町共同防災組織が、消防庁主催の技能コンテストで全国2位の優秀賞を受賞し、このほど総務大臣表彰を受けた。隊員らは「良い刺激になっ...(続きを読む)

  • 白鵬陸上部が駅伝全国へ

    白鵬陸上部が駅伝全国へ スポーツ

    4年ぶり出場 入賞ねらう

     白鵬女子高等学校=北寺尾=の陸上競技部が、24日に京都で行われる全国高校駅伝に出場する。出場権をかけた県大会では、中学時代は実績のなかったメンバーが4年連続で...(続きを読む)

  • 「横浜らしさ」を重視

    新市庁舎商業施設

    「横浜らしさ」を重視 経済

    市が今議会に条例案

     横浜市新市庁舎に入る商業施設の基本方針や運営方式に関する条例案が、開催中の横浜市会に上程されている。「横浜らしさ」や「歳入確保」が基本方針に掲げられ、店舗誘致...(続きを読む)

  • 災害時、各区に歯科医派遣へ

    鶴見大

    災害時、各区に歯科医派遣へ 社会

    身元確認で市と協定

     鶴見大学と横浜市はこのほど、災害時に遺体の身元確認を行うため、同大の歯科医師らを市内各区に派遣する協定を締結した。歯型による円滑な身元確認や、そのための人材確...(続きを読む)

  • 民泊新法受け条例案

    横浜市

    民泊新法受け条例案 経済

    住環境に配慮 営業を制限

     一般住宅などで宿泊サービスを提供する「民泊」のルール整備を目的とした「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年6月から施行されることに合わせ、横浜市...(続きを読む)

  • 横浜環境行動賞を受賞

    生麦中野球部

    横浜環境行動賞を受賞 教育

    7年の地域清掃が実る

     生麦中学校野球部がこのほど、横浜環境行動賞「ヨコハマ3R夢」推進者表彰を受賞した。7年にわたり学校周辺の清掃活動を継続したことなどが評価された。関係者らは「活...(続きを読む)

  • 事務負担 軽減化進む

    市教職員

    事務負担 軽減化進む 社会

    補助職員配置等が奏功

     子どもと向き合う時間の確保を目的に、横浜市では教職員の負担軽減に向けた各種取り組みを進めている。業務改善の環境整備や専門スタッフの配置で一定の成果をあげる一方...(続きを読む)

  • 全国優良老人クラブに

    下末吉かがやき敬友会

    全国優良老人クラブに 社会

    会員増などが評価受ける

     下末吉本町町会の老人クラブ「下末吉かがやき敬友会」(佐尾隆昌会長(73)/会員数88人)が、このほど京都市で開かれた第46回全国老人クラブ大会((公財)全国老...(続きを読む)

  • 「地域共生」で対応

    超高齢社会

    「地域共生」で対応 政治

    2025年見据え、市が計画案

     横浜市は、団塊の世代が75歳を迎える2025年を見据え介護や医療、生活支援などの多岐にわたる施策を盛り込んだ「第7期 地域包括ケア計画」素案を発表した。「地域...(続きを読む)

  • キリン工場に光のシンボル

    京浜臨海部地元3社

    キリン工場に光のシンボル 社会

    旭硝子、JFEテクノス協力

     区内臨海部企業の技術を集めたガラス製のシンボルイルミネーションサインが、11月15日、キリンビール(株)横浜工場=生麦=のエントランスに誕生した。同日、完成式...(続きを読む)

  • 支給時期早める

    入学準備費

    支給時期早める 教育

    「事前援助」に制度改正へ

     子どもを小・中学校へ通学させるのに経済的な理由で困っている人に対し各種費用を援助する「就学援助制度」。横浜市はこのうち、入学準備費について小・中学校ともに入学...(続きを読む)

  • 区民会議に若者の声

    区民会議に若者の声 社会

    商大生が政策プレゼン

     区民が地域の課題解決について話し合う「鶴見区民会議」が11月10日、鶴見公会堂で開かれた。今年は初めて横浜商科大学の学生が参加。区の課題に対する政策発表を行い...(続きを読む)

  • 女性・学生取り込みに活路

    市消防団員

    女性・学生取り込みに活路 社会

    全国一の増加数に

     全国的に消防団員の成り手不足が叫ばれている中、横浜市消防団では2016年度、全国一となる291人の増加があった。女性や学生団員の増加は顕著だが、依然として定員...(続きを読む)

  • 「門前町」など未来を語る

    「門前町」など未来を語る 社会

    区90周年シンポで意見交換

     夢のある鶴見の未来を語り合う「つるみMONZENシンポジウム」が11月4日、大本山總持寺三松閣の講堂で開かれた。鶴見にゆかりのある7人のパネラーが思いを語り、...(続きを読む)

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク