鶴見区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • アマビエグルメで疫病退散

    アマビエグルメで疫病退散 文化

    区内女将ら 限定販売

     新型コロナに負けないようにと、区内飲食店の女将らがこのほど、疫病退散の妖怪とされるアマビエ=写真右下=を使ったグルメを考案した。期間限定で販売しており、「免疫...(続きを読む)

    5月21日号

  • 外国人世帯に食糧品配布

    ABCジャパン

    外国人世帯に食糧品配布 社会

    コロナ禍で解雇なども

     日本語教室や生活相談など、外国人支援を行うNPO法人ABCジャパン(安富祖美智江代表)=鶴見中央=が、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する外国人世帯に対...(続きを読む)

    5月21日号

  • 被害額県下ワーストに

    区内振り込め等

    被害額県下ワーストに 社会

    給付金詐欺にも警鐘

     区内で振り込め詐欺などの特殊詐欺被害が多発している。鶴見警察署によると、管内での特殊詐欺認知件数は、5月7日までに24件。内訳はオレオレ8件、預貯金6件、融資...(続きを読む)

    5月14日号

  • 昼食で一人親を支援

    昼食で一人親を支援 経済

    楽匠 顧客に恩返し

     新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請で収入減などに苦しむ一人親家庭を対象に、テイクアウトの昼食を無料で提供する取組を市内飲食店5店舗が開始した。5月...(続きを読む)

    5月14日号

  • テイクアウト店を紹介

    横浜FM

    テイクアウト店を紹介 社会

    【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

     新横浜・日産スタジアムを本拠地とするサッカーJ1の横浜F・マリノスは、クラブの公式HP上で、ホームタウンテイクアウトマップを公開している。...(続きを読む)

    5月8日号

  • 末中横に花壇を整備

    馬場在勤篠原さん

    末中横に花壇を整備 社会

    マリーゴールド 600株

     本社を馬場に構え、物流など7社を経営する篠原グループの代表取締役会長・篠原今朝男さんがこのほど、末吉中学校横に花壇を整備し、マリーゴールドなどの花を約600株...(続きを読む)

    4月30日号

  • 医師会にマスク寄付

    上末吉五丁目

    医師会にマスク寄付 社会

    防災備蓄品を提供

     上末吉五丁目町会(佐々木泰広会長)が4月24日、災害時用に備蓄していたN95マスクや防護衣などの一部資材を(一社)鶴見区医師会(芝山幸久会長)に寄付した。佐々...(続きを読む)

    4月30日号

  • マスク通じ社会貢献

    NPO法人まなひろ

    マスク通じ社会貢献 社会

    手作りの型など独自に

     新型コロナウイルス感染症の影響でマスク不足が続く中、NPO法人まなひろ(木村裕之代表)=矢向=がこのほど、マスクを通じた社会貢献活動を始めた。3Dプリンターを...(続きを読む)

    4月23日号

  • 特別自治市構想 足踏み

    特別自治市構想 足踏み 政治

    諮問機関、当面の目標示す

     横浜市が二重行政の解消などを目的に県から独立する「特別自治市」を目指す中、林文子市長の諮問機関が3月下旬に区の機能強化など、行政区の抜本的見直しを盛り込んだ答...(続きを読む)

    4月23日号

  • けやき分校が開校

    市場小学校

    けやき分校が開校 教育

    420人 初登校

     児童数の増加から建設が進んでいた市場小学校けやき分校(室井克之校長)=元宮=が4月7日に開校した。分校には、5・6年生420人が登校。同日行われた始業式で室井...(続きを読む)

    4月16日号

  • “持ち帰り”で飲食店応援

    “持ち帰り”で飲食店応援 経済

    区内リスト Facebookに

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が続く4月8日、経営の厳しい飲食店らを応援しようと、フェイスブック上でテイクアウト可能な飲食店情報を集約する取組が始...(続きを読む)

    4月16日号

  • 市優秀教育実践校で表彰

    鶴見小学校

    市優秀教育実践校で表彰 教育

    入学時からの学習に評価

     鶴見小学校がこのほど、横浜市教育委員会が選定する「令和元年度優秀教育実践校」として表彰を受けた。1学年時の教育課程であるスタートカリキュラムの内容や園との連携...(続きを読む)

    4月9日号

  • 水道料金値上げへ

    横浜市

    水道料金値上げへ 社会

    来春、10〜12%増見込み

     横浜市は3月16日、水道料金について、水需要の減少による収入減や施設の更新需要の増加を背景として来年4月めどに平均10〜12%の値上げをしたい考えを示した。2...(続きを読む)

    4月9日号

  • 「市民の安全・安心支える」

    「市民の安全・安心支える」 経済

    林市長、新年度の思い語る

     2020年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。猛威を振るう新型コロナウイルス感染症拡大防止、それに伴い開催延期が決まった東京五輪・...(続きを読む)

    4月2日号

  • 鶴見消防団に大臣感謝状

    鶴見消防団に大臣感謝状 社会

    団員大幅増が評価

     大幅な団員増加により地域防災力の向上に貢献したとして、鶴見消防団(香取正彦団長)が先ごろ、総務大臣感謝状を贈呈された。香取団長は「喜びとともに身が引き締まる。...(続きを読む)

    4月2日号

  • 鶴見中央に“まちのリビング”

    鶴見中央に“まちのリビング” 社会

    市民整備 4月1日から

     ”まちのリビング”を目的とする多文化・多世代の共創拠点「230カフェ」=鶴見中央4の7の15=が、4月1日にオープンする。昨年度、市民主体の整備提案に横浜市が...(続きを読む)

    3月26日号

  • 市内経済に深刻な影響

    新型コロナ

    市内経済に深刻な影響 経済

    融資認定832件、31億円超

     新型コロナウイルスによる横浜市内経済への影響が深刻度を増している。市が1月末に設置した中小企業向け経営相談窓口では3月19日現在、資金繰り等の相談が1300件...(続きを読む)

    3月26日号

  • ハマ弁を中学校「給食」に

    横浜市

    ハマ弁を中学校「給食」に 教育

    3月末までに原案策定

     横浜市は2月、市立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」を学校給食法の「給食」に位置づけていく方針を示した。2021年4月からの実施を視野に、今年度末までに方...(続きを読む)

    3月19日号

  • ”防災のまち”に大臣賞

    市場西中町

    ”防災のまち”に大臣賞 社会

    16年 地道な取組に評価

     市場西中町の住民らから成る「鶴見区市場西中町まちづくり協議会」(森田洋司会長)がこのほど、第24回防災まちづくり大賞表彰式で総務大臣賞を受賞した。関係者らは「...(続きを読む)

    3月19日号

  • 手作り国際弁当を作製

    鶴見小学校

    手作り国際弁当を作製 文化

    ”食”で町つなげる

     鶴見小学校6年3組の児童らが考案した「国際うんめぇ〜弁当」が、きょう12日から障害福祉サービス事業所ふれんど2号店=鶴見中央4の32の6=のレギュラーメニュー...(続きを読む)

    3月12日号

  • 2区1カ所に拡充へ

    認知症疾患医療センター

    2区1カ所に拡充へ 社会

    当初予算案に盛り込む

     横浜市は現在市内4カ所(鶴見区・金沢区・戸塚区・港北区)にある認知症疾患医療センターの拡充を目指している。2020年度には5カ所を加え、全18区のうち2区1カ...(続きを読む)

    3月12日号

  • ネットから「119番」

    横浜市

    ネットから「119番」 社会

    聴覚障害者ら通報容易に

     横浜市が4月1日から、スマートフォンなど携帯端末から音声によらずに119番通報できる「Net(ネット)119」の運用を始める。聴覚や言語機能に障害のある人など...(続きを読む)

    3月5日号

  • 顔の見える関係「必要」8割

    福祉保健計画区民アンケート

    顔の見える関係「必要」8割 社会

    災害時の共助へ 日常から

     鶴見区はこのほど、健康で住みよい福祉のまちづくりを目ざす区福祉保健計画「鶴見・あいねっと」についての区民アンケート結果を公表した。災害時の共助のために、8割以...(続きを読む)

    3月5日号

  • 中高年層支援に着手

    ひきこもり対策

    中高年層支援に着手 社会

    市、「8050問題」踏まえ

     横浜市は新年度から、40歳以上のひきこもり状態にある人への支援に着手する。有識者や当事者団体などから意見を聞きながら調査・研究を進め、いわゆる「8050問題」...(続きを読む)

    2月27日号

  • きょう開通 利便性向上

    横浜北線馬場出入口

    きょう開通 利便性向上 社会

    湾岸へ7分、第三京浜5分

     関連街路の拡幅や工事スペースなどの影響で整備を継続していた首都高横浜北線の馬場出入口が、今日27日正午に開通する。馬場入口から湾岸線へ7分、第三京浜道路まで5...(続きを読む)

    2月27日号

  • 多文化、防災などに重点

    鶴見区予算案

    多文化、防災などに重点 社会

    4体系29事業を展開

     横浜市の2020年度予算案発表にともない、鶴見区の自主企画事業案の概要も明らかになった。事業数は一減の29で、事業費は108万円増の1億920万円。「多文化」...(続きを読む)

    2月20日号

  • 空き家相談 周知に課題

    空き家相談 周知に課題 社会

    窓口開設も利用者低調

     横浜市が昨年11月に開設した「横浜市空家の総合案内窓口」。他市の同様の取り組みと比べても多い12の専門家団体との橋渡し役として空き家相談の「入口」を担うが、開...(続きを読む)

    2月20日号

  • まちづくりの指針、改定

    まちづくりの指針、改定 社会

    都市マス 20年後見すえ

     鶴見区はこのほど、まちづくりの基本的な方針となる「都市計画マスタープラン鶴見区プラン」を改定した。2002年以来の計画。前回プランからの進捗なども検証したうえ...(続きを読む)

    2月13日号

  • 過去最小の水準に

    2019年市内出火率

    過去最小の水準に 社会

    火災件数も減少傾向続く

     横浜市がこのほど発表した、昨年1年間の「火災・救急概況」(速報)によれば、人口1万人あたりの火災件数を示す「出火率」が1948年の市消防局発足以降、最小値の1...(続きを読む)

    2月13日号

  • 寺尾城の御城印を製作

    馬場建功寺

    寺尾城の御城印を製作 社会

    11日、城イベントで販売

     馬場の建功寺(枡野俊明住職)がこのほど、(株)三越伊勢丹と協力し、中世に馬場3丁目付近にあった寺尾城の御城印を製作した。城印は2月11日、鶴見区民文化センター...(続きを読む)

    2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク