鶴見区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 不審者訓練に依頼増

    鶴見警察 シナリオ考案

    不審者訓練に依頼増 社会

    内容伏せ本番 実際学ぶ

     鶴見警察署協力のもと、犯人像や侵入経路などを伏せた形で行う不審者対策訓練が10月29日、末吉いづみ保育園(酒井利恵子園長)で行われた。参加者からは、...(続きを読む)

    11月7日号

  • 独自に開設マニュアル

    岸谷小 防災拠点

    独自に開設マニュアル 社会

    分かりやすさ重視

     岸谷小学校地域防災拠点運営委員会(持丸留久委員長)が11月1日、同拠点のマニュアル冊子を完成させた。冊子は、区や市の防災計画、マニュアルをもとに、委...(続きを読む)

    11月7日号

  • 工事順調、来年3月開通へ

    横浜北西線

    工事順調、来年3月開通へ 経済

    バイパス渋滞改善も期待

     首都高速道路(株)と横浜市が共同で事業を進め、2020年3月の開通が発表された「横浜北西(ほくせい)線」で10月9日、工事現場が報道陣に公開された。開通により...(続きを読む)

    10月31日号

  • 振り込め対策に電話機

    区内5団体

    振り込め対策に電話機 社会

    あすから貸出開始

     被害が止まらない振り込め詐欺を含む特殊詐欺を防ごうと、鶴見区役所と鶴見警察署は、区内3団体と協力し、迷惑電話防止機能付き電話機を無償で鶴見区民に貸し出す取組を...(続きを読む)

    10月31日号

  • お手柄警察犬を表彰

    鶴見警察署

    お手柄警察犬を表彰 社会

    連携プレーで女性発見

     鶴見警察署(須藤正彦署長)は10月17日、行方不明になった高齢女性を発見したとして神奈川県警察鑑識課の警察犬2匹を表彰し、チキンジャーキーを贈呈した。須藤署長...(続きを読む)

    10月24日号

  • 市が年内導入へ

    パートナーシップ制度

    市が年内導入へ 社会

    同性カップルなど公認

     横浜市では、LGBTなど性的少数者(注)や事実婚のカップルをパートナーとして認める「横浜市パートナーシップ宣誓制度」(仮称)を年内にも導入する見通しだ。開会中...(続きを読む)

    10月24日号

  • 学生の絵で振り込め撃退

    学生の絵で振り込め撃退 社会

    警察、郵便局が啓発ハガキ

     振り込め詐欺の被害を防止しようと、鶴見警察署や郵便局ら関係団体が協力し、高校生による啓発デザイン付きハガキとポスターが完成。このほど区内約1万4500世帯と2...(続きを読む)

    10月17日号

  • 子ども向けに飼育冊子

    区内動物愛護団体

    子ども向けに飼育冊子 教育

    “愛でる”知識学ぶ教材に

     鶴見区を拠点とし、市内で動物愛護活動の支援をする一般社団法人動物愛護サポートがこのほど、「どうぶつを飼うということ」という冊子を発行した。今後、区内...(続きを読む)

    10月17日号

  • 鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

    鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

    全編区内ロケで制作

     オール鶴見ロケとなる映画『だからよ〜鶴見』(主演・川田広樹/鶴見区後援)の制作発表会見が、10月4日、鶴見沖縄県人会館で開かれ、来春の沖縄国際映画祭...(続きを読む)

    10月10日号

  • 2年後の開催、白紙へ

    鶴見川サマーフェス

    2年後の開催、白紙へ 社会

    実行委員会が解散

     東京五輪や安全対策などを理由に2年間休止となっていた鶴見川サマーフェスティバルが再来年以降も白紙状態になったことが分かった。増加する観客の安全面確保...(続きを読む)

    10月10日号

  • 10月から加入を義務化

    自転車保険

    10月から加入を義務化 社会

    市内加入率は未だ半数

     神奈川県は10月1日から自転車損害賠償責任保険などヘの加入を義務化した。横浜市も啓発を行っているが、アンケートによると市内加入率は約半数にとどまっているのが現...(続きを読む)

    10月3日号

  • ベイジュニアに選出

    東台カルテックス島村宏斗さん

    ベイジュニアに選出 スポーツ

    区内唯一 活躍ちかう

     区内少年野球チーム・東台カルテックスの島村宏斗選手(12)がこのほど、区内で唯一、横浜DeNAベイスターズのジュニアチームのメンバーに選出された。島村さんはメ...(続きを読む)

    10月3日号

  • 市の歴史的建造物に

    大黒ふ頭「赤灯台」

    市の歴史的建造物に 社会

    区内4例目の認定

     区内大黒ふ頭地先、横浜ベイブリッジの橋脚横に建つ旧横浜外防波堤北灯台が、対となる中区本牧ふ頭地先の南灯台とともに、市の歴史的建造物として認定された。市内で旧灯...(続きを読む)

    9月26日号

  • 10年で登録者10倍に

    シニアボランティア事業

    10年で登録者10倍に

    マッチングに課題も

     高齢者がボランティアをした際にポイントが得られ、換金や寄付ができる「よこはまシニアボランティアポイント事業」が10月で10年を迎える。登録者は2万人...(続きを読む)

    9月26日号

  • 約5年ぶりに遷座

    東寺尾庚申塔

    約5年ぶりに遷座 社会

    伝え記す高札も復活

     東寺尾第一自治会(清水正男会長)の住民らが、長く市に要望していた庚申塔の移設が9月14日に完了し、言い伝えを記した高札とともに約5年ぶりに元の位置に...(続きを読む)

    9月19日号

  • 一部を保存、ホテルに

    現市庁舎

    一部を保存、ホテルに 社会

    エンタメ施設やオフィス、大学も

     横浜市はこのほど、市庁舎移転にともなう現市庁舎街区の活用について、事業予定者が決定したと発表した。提案では市庁舎の一部を保存し、ホテルとして活用する。...(続きを読む)

    9月19日号

  • 全小学校に民間支援員

    プログラミング必修化

    全小学校に民間支援員 教育

    教員向けにICT指導

     2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。市教育委員会では今年度から全小学校を対象に、指導力の育成を目的とした支援員を定期的に派遣している。必修...(続きを読む)

    9月12日号

  • 会場広げ

    鶴見ウチナー祭

    会場広げ"地元沖縄"満載 社会

    9月に引っ越し、21・22日に

     鶴見ならではの沖縄の食や文化に触れる「第4回鶴見ウチナー祭」が、開催日を9月に移し、21日と22日の2日間、入船公園=弁天町=で行われる。今年は会場...(続きを読む)

    9月12日号

  • モンゴル医大から称号

    馬場在勤篠原今朝男さん

    モンゴル医大から称号 社会

    病院建設に尽力

     本社を馬場に構え、物流など7つの会社を経営する篠原グループの代表取締役会長・篠原今朝男さんが、8月25日、モンゴル国立医科大学から「名誉教授」の称号を授与され...(続きを読む)

    9月5日号

  • 国土交通大臣表彰を受賞

    豊岡商店街

    国土交通大臣表彰を受賞 文化

    打ち水企画など評価

     豊岡商店街協同組合(堀江幹雄理事長=人物風土記で紹介=)は、道路愛護などに顕著な活動をした団体に贈られる国土交通大臣表彰を受賞した。8月23日、横浜市開港記念...(続きを読む)

    9月5日号

  • IR誘致を正式表明

    横浜市

    IR誘致を正式表明 政治

    カジノに波紋広がる

     林文子横浜市長は8月22日、カジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致を正式に表明した。カジノ納付金などによる最大、年1200億円の財政貢献が主な理由。場所は中...(続きを読む)

    8月29日号

  • 鶴見工場にミュージアム

    森永製菓

    鶴見工場にミュージアム 社会

    2020年春 見学も再開

     森永製菓(株)=東京都=は、区内下末吉の鶴見工場内に一般向けの見学施設「森永エンゼルミュージアムMORIUM(モリウム)」を新設すると発表した。20...(続きを読む)

    8月29日号

  • 新たに合同盆踊り

    東寺尾周辺6町会

    新たに合同盆踊り 文化

    交流、人手確保などに工夫

     東寺尾周辺の6町会による「ふるさとてらお 盆踊り大会」が8月24日、寺尾小学校で行われる。これまで、インターナショナルスクールのホライゾン学園で行われていた盆...(続きを読む)

    8月22日号

  • 登校時に防犯パトロール

    横浜市

    登校時に防犯パトロール 社会

    殺傷事件受け試行

     川崎市多摩区でスクールバスを待つ児童らが殺傷された事件を受け、横浜市は夏休み前後の合計22日間、試験的に防犯パトロールを登校時間帯に拡充して行う。...(続きを読む)

    8月22日号

  • 在留外国人対応策を拡充

    横浜市

    在留外国人対応策を拡充 社会

    11言語で困りごと解決

     横浜市は1日、増え続ける在留外国人に対して総合的な情報提供や相談対応を行う「横浜市多文化共生総合相談センター」を開設。市内に10カ所ある国際交流ラウンジ間の連...(続きを読む)

    8月15日号

  • 火災、市内最多を更新中

    火災、市内最多を更新中 社会

    鶴見区内 たばこなど要因

     鶴見区内の火災発生件数が、今年に入り52件(8月4日現在)と、市内18区中ワーストとなっていることがわかった。要因として放火とたばこが増えており、鶴見消防署が...(続きを読む)

    8月15日号

  • 暑さ対策 ミスト設置推進

    横浜市

    暑さ対策 ミスト設置推進 社会

    商店街や駅などで整備

     横浜市は暑さ対策の一環としてミスト装置の設置を推進している。今年度初めて商店街への設置補助を事業化。6月にはパナソニック株式会社と連携協定を締結し新横浜駅に設...(続きを読む)

    8月8日号

  • 外務大臣表彰を受賞

    ABCジャパン安富祖さん

    外務大臣表彰を受賞 社会

    在日外国人支援など評価

     鶴見区を拠点に外国人コミュニティの支援を行っているNPO法人ABCジャパンの理事長・安富祖美智江さんが、このほど外務大臣表彰を受賞した。在日外国人と...(続きを読む)

    8月8日号

  • MOS全国で3位

    ヨゼフ加藤さん

    MOS全国で3位 教育

    7万人から選出

     聖ヨゼフ学園高等学校2年生の加藤りさ子さん=人物風土記で紹介=がMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)世界学生大会・日本代表選考で高校生エクセル部...(続きを読む)

    8月1日号

  • 公園にゴミ捨てないで

    公園にゴミ捨てないで 社会

    平安小児童 気づきから啓発

     平安小学校2年3組の児童33人が、栄町公園をきれいにしようと、このほど啓発ポスターの製作や清掃活動を実施した。「遊び場が汚れていて、困っている」――そんな気持...(続きを読む)

    8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク