鶴見区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 食ロス削減に協力

    区内2連合

    食ロス削減に協力 社会

    豊岡、小野町で食品回収

     豊岡地区連合会と小野町地区自治連合会がこのほど、食品ロス削減のためのフードドライブを各自治会館で行い、合わせて168kgの食品が集まった。実施した住民らは「コ...(続きを読む)

    12月3日号

  • 100年記念、「新嘗祭」盛大に

    潮田神社

    100年記念、「新嘗祭」盛大に 社会

    コロナ縮小も氏子ら祝う

     潮田神社(萩原伴雄宮司)=潮田町=で11月23日、鎮座100年記念を兼ねた新嘗祭が行われた。境内には桜・ジンダイアケボノ(神代曙)2本が植樹され、先日完成した...(続きを読む)

    12月3日号

  • リモートで防犯教室

    少年補導員

    リモートで防犯教室 教育

    放送室から映像で

     鶴見警察署少年補導員連絡会(藤澤修会長)が11月19日、市場小学校(けやき分校含む生徒数1533人)でリモートの防犯教室を行った。コロナ禍で児童を一カ所に集め...(続きを読む)

    11月26日号

  • AED、24時間利用可能に

    東寺尾北部町会

    AED、24時間利用可能に 社会

    会館外に設置

     東寺尾北部町内会(1200世帯/山田初男会長)がこのほど、町内会館に24時間使用可能とするAED(自動体外式除細動器)を設置した。同町内周辺では、施設外に設置...(続きを読む)

    11月26日号

  • 年度内に8年ぶり改定へ

    横浜特別自治市大綱

    年度内に8年ぶり改定へ 社会

    市、引き続き国へ要望

     大都市制度のあり方について全国的に関心が高まる中、特別自治市の実現をめざす横浜市は来年3月をめどに「横浜特別自治市大綱」を8年ぶりに改定したい考えだ。年内に諮...(続きを読む)

    11月19日号

  • 地域サイトを開設

    横浜商大・鶴見区

    地域サイトを開設 社会

    情報発信、交流の場に

     鶴見区内で活動する団体らが情報発信や交流するための地域ポータルサイト「つるナビ」がこのほど開設され、供用が始まった。区内団体らが参加する鶴見ネットワーク交流会...(続きを読む)

    11月19日号

  • 夏以降、増加傾向に

    横浜市内自殺者

    夏以降、増加傾向に 社会

    市、若年層にネット活用

     全国的に夏以降の自殺者増が報じられているが、横浜市でも8・9月は対前年同月比でプラス計17人で増加傾向にあることがわかった(警察統計暫定値)。中でも若年層の割...(続きを読む)

    11月12日号

  • 黒板アートで特別賞

    聖ヨゼフ高生

    黒板アートで特別賞 文化

    初出場 想像の景色形に

     聖ヨゼフ学園高等学校の3年生2人による作品が10月、黒板にチョークで描く絵を競う「日学・黒板アート甲子園」のメイン大会で日学特別賞を受賞した。同校の大会出場は...(続きを読む)

    11月12日号

  • 飾り獅子が完成

    潮田神社

    飾り獅子が完成 文化

    鎮座100年記念 県下最大級

     潮田神社(萩原伴雄宮司)=潮田町=が、鎮座100年を記念して製作していた飾り獅子がこのほど完成し、10月25日、氏子町会に披露された。コロナ禍でお披露目のみと...(続きを読む)

    11月5日号

  • 防災備蓄庫、拠点内に増設

    豊岡地区連合会

    防災備蓄庫、拠点内に増設 社会

    豊小が協力 補助金活用

     豊岡地区連合会(木佐美信行会長)がこのほど、地域防災拠点となる豊岡小学校と連携し、防災備蓄庫を増設した。コロナの影響で行事の中止などが相次ぐ中で、区の地域活動...(続きを読む)

    11月5日号

  • 児童虐待防ぐ、啓発企画

    児童虐待防ぐ、啓発企画 社会

    有志区民ら“オレンジ”広める

     有志の区民や団体らが11月の1カ月間にわたり、児童虐待防止を呼びかける企画「ツルミ・オレンジデイズ2020」を実施する。主催者らは、児童虐待防止のシンボルカラ...(続きを読む)

    10月29日号

  • 事業のオンライン化推進

    市内ケアプラ等

    事業のオンライン化推進 社会

    全館にWi−Fi整備へ

     コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と...(続きを読む)

    10月29日号

  • 無事の証に黄色いカード

    豊岡第三

    無事の証に黄色いカード 社会

    災害時の共助推進へ

     災害時、無事の証に黄色いカードを――豊岡第三町会(春山和代会長/750世帯)がこのほど、家の外に掲出することで周囲に無事を知らせるための「黄色い無事ですカード...(続きを読む)

    10月22日号

  • 外国人の相談窓口開設

    横浜市居住支援協議会

    外国人の相談窓口開設 社会

    国の人手不足対策と連動

     横浜市と不動産関係団体などで構成される「横浜市居住支援協議会」が10月1日、外国人世帯に対する住まいの無料相談窓口を初めて開設した。外国人人口が増加する中...(続きを読む)

    10月22日号

  • 食ロス削減機運高まる

    協力団体を募集

    食ロス削減機運高まる 社会

     食品回収場所が増加

     区内で食品ロスを減らすためのフードドライブが盛り上がっている。3カ月ほど前から始まった区役所の常設箱では約145kgの食品を回収。民間店舗など寄付できる場...(続きを読む)

    10月15日号

  • 分散、密回避で開催へ

    生麦de事件まつり

    分散、密回避で開催へ 社会

    工夫重ね、60店が参加

     生麦駅前通り商友会と岸谷商栄会協同組合主催の「第2回WAKUWAKU生麦de事件まつり」が、10月31日〜11月6日まで行われる。今年は新型コロナウイルス感染...(続きを読む)

    10月15日号

  • コロナ禍の避難所体験

    コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

    平安小で開設訓練

     新型コロナウイルス感染症に対応するための避難所開設訓練が、このほど平安小学校で行われた。地域住民らは感染症予防を含めた動きを確認。「ソーシャルディス...(続きを読む)

    10月8日号

  • 防犯栄誉金章を受賞

    市場大和町安西さん

    防犯栄誉金章を受賞 社会

    指導員活動24年で

     市場大和町在住で防犯指導員の安西廣晃さん(87)が9月24日、都内で開かれた全国地域安全運動中央大会で警察庁長官と全国防犯協会連合会会長から贈られる防犯栄誉金...(続きを読む)

    10月8日号

  • 「5・10日(ごとおび)」に新企画

    鶴見銀座商店街

    「5・10日(ごとおび)」に新企画 経済

    2カ月連続、来街増へ工夫

     鶴見銀座商店街(愛称・ベルロードつるみ/岡野誠一理事長)が、コロナ禍の商店街を盛り上げようと、10月と11月の2カ月、「つるぎんGOTOU(ごとう)キャンペー...(続きを読む)

    10月1日号

  • 横浜保育室「曲がり角」

    横浜保育室「曲がり角」 社会

    定員、最大時の2割に減少

     1996年に市独自の制度として始まった「横浜保育室」。最大時は年間約5千人の子どもの預け先として機能していたが、制度変更などで定員は最大時の2割まで減っており...(続きを読む)

    10月1日号

  • 関東管区から感謝状

    少年補導員藤澤さん

    関東管区から感謝状 社会

    児童向け防犯教室に評価

     鶴見警察署少年補導員連絡会の藤澤修さんがこのほど、関東管区警察局長感謝状を受けた。区内全小学校を対象に、毎年実施している防犯教室などが評価された。11日には鶴...(続きを読む)

    9月24日号

  • 防災整備で総理大臣賞

    市場西中町

    防災整備で総理大臣賞 社会

    地道な活動評価 

     市場西中町の住民らからなる「鶴見区市場西中町まちづくり協議会」(森田洋司会長)が9月1日、令和2年防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞した。同協議会は、防災活動の...(続きを読む)

    9月24日号

  • オンライン開催へ

    ウチナー祭

    オンライン開催へ 文化

    生配信ライブなど企画

     鶴見ならではの沖縄の食や文化に触れるイベント「鶴見ウチナー祭」が、11月8日、オンライン形式で開催されることが決まった。実行委員会は、「新しい形でのチャレンジ...(続きを読む)

    9月17日号

  • 鶴見ふれあい館が閉館

    鶴見ふれあい館が閉館 社会

    スタッフ高齢化、コロナ要因に

     開館から10年、地域の居場所として、子どもから大人まで親しまれた豊岡通りのコミュニティサロン「鶴見ふれあい館」が、9月10日で閉館した。平均年齢80歳代という...(続きを読む)

    9月17日号

  • 町内会のICT支援へ

    横浜市

    町内会のICT支援へ 社会

    コロナ対策で予算計上

     コロナ禍で自治会や町内会の活動が自粛、縮小される中、感染対策と住民活動を両立させるため、オンライン会議やSNSなどのICT(情報通信技術)を活用した取組が注目...(続きを読む)

    9月10日号

  • 鶴見小に日本語支援拠点

    鶴見小に日本語支援拠点 教育

    来日間もない児童ら通う

     来日間もない小中学生に学校の習慣や言葉を教える日本語支援拠点施設「鶴見ひまわり」が9月2日、鶴見小学校内に開設された。横浜市の事業で2017年に中区に設置以来...(続きを読む)

    9月10日号

  • 振り込め防止に生徒の絵

    振り込め防止に生徒の絵 社会

    警察、郵便局ら 啓発ハガキ作成

     振り込め詐欺の被害を防止しようと、鶴見警察署や郵便局ら関係団体が協力し、このほど鶴見総合高生のイラストを活用した啓発デザイン付きハガキとポスターを作成した。ハ...(続きを読む)

    9月3日号

  • 見守りセンサーで命救う

    不動産会社マウンテン

    見守りセンサーで命救う 社会

    孤独死解決に挑戦 独自に

     鶴見中央の(株)マウンテン(横山智司代表取締役)はこのほど、同社が開発し、特許も取得しているドア開閉見守りシステムを使って自宅で動けなくなっていた70代女性を...(続きを読む)

    9月3日号

  • 医療従事者へ寄付募る

    区商連

    医療従事者へ寄付募る 経済

    最前線の尽力に感謝こめ

     新型コロナウイルス感染拡大防止に尽力する区内医療従事者を支援しようと、鶴見区商店街連合会(小高信一会長)が、募金活動を開始した。9月30日の同会定例会でまとめ...(続きを読む)

    8月27日号

  • ひとり親の食を支援

    横浜市

    ひとり親の食を支援 社会

    コロナ禍受け提供会

     新型コロナウイルス感染症の影響で生活が困難なひとり親家庭を支援しようと、横浜市はフードバンク団体と連携して、食品を提供する取り組みを8月から始めた。来年3月ま...(続きを読む)

    8月27日号

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク