鶴見区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 70歳祝いで式典

    やよいヶ丘幼稚園

    70歳祝いで式典 教育

    卒園児4千人 地域とともに 

     やよいヶ丘幼稚園(原誠一園長)=馬場=の創立70周年を祝い、2月24日、記念の式典が同園で行われた。コロナ禍で縮小となったものの、正装した年長園児らが集まり、...(続きを読む)

    3月4日号

  • 市、商店街の発行支援へ

    プレミアム付商品券

    市、商店街の発行支援へ 経済

    助成金で消費喚起図る

     横浜市はコロナ禍による消費落ち込みへの対応策として商店街独自のプレミアム付商品券発行に助成金を出す支援事業を2021年度に行う予定だ。事業費は8500万円で2...(続きを読む)

    3月4日号

  • 鶴見銀座にマスコット誕生

    鶴見銀座にマスコット誕生 社会

    鶴小児童が制作

     鶴見小学校3年4組の児童による鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のオリジナルキャラクター「にじベルくん」が、このほど誕生した。すでに人形づくりなども始まってお...(続きを読む)

    2月25日号

  • 「総合支援拠点」10区に設置

    横浜市児童虐待対策

    「総合支援拠点」10区に設置 社会

    相談対応など強化へ

     横浜市は児童虐待対策の充実を図るため、2021年度中に鶴見区を含め市内10区のこども家庭支援課へ「こども家庭総合支援拠点」の設置を新年度予算案に盛り込んだ。区...(続きを読む)

    2月25日号

  • 横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

    【WEB限定記事】

    横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

    事業費 前年55万増1億970万円

     横浜市の2021年度予算案発表にともない、鶴見区の自主企画事業案の概要も明らかになった。事業数は29で、事業費は今年度から55万円増の1億970万円。市の重点...(続きを読む)

    2月18日号

  • 令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

    【WEB限定記事】横浜市鶴見区

    令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

    過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

     横浜市内で昨年一年間に発生した火災・救急出場件数の概況(速報値)がまとまり、鶴見区では火災発生件数が前年比27件減と、市内18区中最も減少したことがわかった。...(続きを読む)

    2月18日号

  • 一般会計 初の2兆円台に

    横浜市21年度予算案

    一般会計 初の2兆円台に 社会

    コロナ対応で膨張

     横浜市はこのほど、2021年度の予算案を発表した。新型コロナの経済への影響で、歳入では市税収入が前年度から488億円減少し過去最大の減収を見込む。一方で、感染...(続きを読む)

    2月11日号

  • 生麦にお持ち帰りマップ

    生麦にお持ち帰りマップ 社会

    地元商店主ら 街角に掲示

     生麦盛り上げ隊(松野良明隊長)による飲食店のテイクアウトマップが、生麦や岸谷周辺の街角3カ所に貼りだされている。緊急事態宣言の延長を受け、チラシ型のマップも製...(続きを読む)

    2月11日号

  • 改訂版発行 WEB化も促進

    子育て地図ままっぷ

    改訂版発行 WEB化も促進 社会

    漫画で取説 「楽しんで」

     鶴見区内の子育て情報を盛り込む地図「つるみままっぷ」の改訂版がこのほど完成し、2021年の新バージョンが配架された。今回は一部情報のWEB化や使用方法を例示し...(続きを読む)

    2月4日号

  • 歯の健康 絵本で学んで

    歯の健康 絵本で学んで 教育

    区、鶴大学生ら連携

     歯の健康の重要性などを啓発しようと、区や鶴見大学らが協力して製作した絵本「ワッくんのはみがきするよ」がこのほど完成し、1月27日に鶴見区のホームペー...(続きを読む)

    2月4日号

  • 地元店とコラボ商品

    岸谷小6年生

    地元店とコラボ商品 教育

    和菓子とパン 「まち笑顔に」

     岸谷小学校6年生が考案し、地元商店が開発した和菓子とパンがこのほど完成し、1月20日から販売が開始された。商品コンセプトや値段設定なども提案した児童...(続きを読む)

    1月28日号

  • 地域一丸でモザイク絵を

    地域一丸でモザイク絵を コミュニティ社会

    自治連、区が連携 写真募る

     東京五輪・パラリンピックを契機に、地域の絆を深めようという企画「鶴見区『絆』プロジェクト」が、このほど立ち上がった。鶴見区自治連合会(石川建治会長)...(続きを読む)

    1月28日号

  • 市内に特設交付拠点

    マイナンバーカード

    市内に特設交付拠点 社会

    市、21年度に向け検討

     国が2022年度末までにほぼ全ての国民に行き渡らせようとしているマイナンバーカード※について、横浜市は21年度以降、交付を担う拠点を市内4カ所に設けることを検...(続きを読む)

    1月21日号

  • 樹名板に二次元コード

    馬場花木園

    樹名板に二次元コード 文化

    情報発信を強化

     馬場花木園は先月25日、園内の植物の情報を伝えるための新しいツールとして二次元バーコード付き樹名板を10枚設置した。スマートフォンなどをかざすだけで情報が素早...(続きを読む)

    1月21日号

  • “食”で留学生など応援

    “食”で留学生など応援 社会

    地元企業3者がコラボ

     システム開発など行う鶴見中央の(有)アクシスがこのほど、串焼き居酒屋・楽匠、区内で児童支援など行うNPO法人サードプレイスと協力し、コロナ禍で苦しい状況にある...(続きを読む)

    1月14日号

  • 「敵はコロナ」 共同でチラシ

    区内個人飲食店

    「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

    鶴見中央7店 販促シェア

     会食自粛や営業時間の時短要請など、コロナ禍で窮地に立たされる飲食店を自ら盛り上げようと、区内鶴見中央にある個人店の店主らが共同で販促チラシを製作した。タクシー...(続きを読む)

    1月14日号

  • 地域活性化へ“新様式”模索を

    区長インタビュー

    地域活性化へ“新様式”模索を 社会

    前例とらわれず、区民とともに

     新型コロナウイルスの感染拡大が、約1年経った今もおさまらないまま迎えた2021年。感染対策を踏まえた新生活様式は、人々の暮らしにさまざまな影響をもたらしている...(続きを読む)

    1月7日号

  • 石川区連長に総務大臣賞

    石川区連長に総務大臣賞 社会

    自治会での功績に評価

     鶴見区自治連合会の石川建治会長がこのほど、多年にわたる在職や、共同活動を通じた良好な地域社会の維持・形成への功績が認められ、総務大臣賞を受賞した。...(続きを読む)

    1月7日号

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 政治

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長にインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新成人 5年ぶり減少

    2,698人が門出 鶴見区

    新成人 5年ぶり減少 社会

     今年の鶴見区内の新成人は2698人で5年ぶりに減少したことがわかった。市内18区中では4番目の多さ。「成人の日を祝うつどい」は、1月11日、新型コロナウイルス...(続きを読む)

    1月1日号

  • 『だからよ〜鶴見』地元初上映

    『だからよ〜鶴見』地元初上映 文化

    川田さんら舞台あいさつ

     オール鶴見ロケで撮影された映画作品『だからよ〜鶴見』(主演・川田広樹/監督・脚本・渡辺熱/鶴見区後援))の上映会が12月13日、鶴見区民文化センターサルビアホ...(続きを読む)

    12月24日号

  • 初詣、分散・対策徹底を

    区内各寺社

    初詣、分散・対策徹底を 社会

    振る舞いなど中止に

     新型コロナウイルス感染症の再拡大が止まらない中、間もなく迎える新年。コロナ禍の初詣にあたり、区内各寺社も、マスク着用や消毒など感染症対策の徹底や分散...(続きを読む)

    12月24日号

  • 住民の力作通し交流

    諏訪坂自治会

    住民の力作通し交流 コミュニティ社会

    コロナで工夫 初の文化祭

     諏訪坂自治会(池田昇会長/730世帯)による「すわざか文化祭」が、12月4日から7日まで、同自治会館を会場に開かれた。期間中は、最年少2歳から89歳...(続きを読む)

    12月17日号

  • 佐藤さんに叙勲伝達

    小野町

    佐藤さんに叙勲伝達 社会

    長年の自治功労に栄誉

     秋の叙勲で旭日単光章を受章した小野町自治会会長の佐藤信男さん(92)に対する叙勲伝達式が12月4日、鶴見区役所で開かれ、森健二区長から勲記と勲章が贈られた。長...(続きを読む)

    12月17日号

  • 90歳、銅鑼でお祝い

    JR鶴見線

    90歳、銅鑼でお祝い 文化

    海芝浦に“ストリートどら”

     JR鶴見線90周年の記念事業として12月27日までの土日祝日、海芝浦駅に打楽器の銅鑼が設置されている。鶴見線と南武線を担当するJR職員が企画したもので、鶴見駅...(続きを読む)

    12月10日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療...(続きを読む)

    12月10日号

  • 食ロス削減に協力

    区内2連合

    食ロス削減に協力 社会

    豊岡、小野町で食品回収

     豊岡地区連合会と小野町地区自治連合会がこのほど、食品ロス削減のためのフードドライブを各自治会館で行い、合わせて168kgの食品が集まった。実施した住民らは「コ...(続きを読む)

    12月3日号

  • 100年記念、「新嘗祭」盛大に

    潮田神社

    100年記念、「新嘗祭」盛大に 社会

    コロナ縮小も氏子ら祝う

     潮田神社(萩原伴雄宮司)=潮田町=で11月23日、鎮座100年記念を兼ねた新嘗祭が行われた。境内には桜・ジンダイアケボノ(神代曙)2本が植樹され、先日完成した...(続きを読む)

    12月3日号

  • リモートで防犯教室

    少年補導員

    リモートで防犯教室 教育

    放送室から映像で

     鶴見警察署少年補導員連絡会(藤澤修会長)が11月19日、市場小学校(けやき分校含む生徒数1533人)でリモートの防犯教室を行った。コロナ禍で児童を一カ所に集め...(続きを読む)

    11月26日号

  • AED、24時間利用可能に

    東寺尾北部町会

    AED、24時間利用可能に 社会

    会館外に設置

     東寺尾北部町内会(1200世帯/山田初男会長)がこのほど、町内会館に24時間使用可能とするAED(自動体外式除細動器)を設置した。同町内周辺では、施設外に設置...(続きを読む)

    11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク