鶴見区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 新劇場整備へ検討委設置

    横浜市

    新劇場整備へ検討委設置 文化

    多面舞台備え集客効果狙い

     横浜市は新たな劇場整備に向け、6月中に有識者らで構成する検討委員会を設置する。横浜市会で4日、市が提出した「検討委設置の条例制定」の議案が賛成多数で可決された...(続きを読む)

    6月13日号

  • 鶴見川花火、2年休止へ

    鶴見川花火、2年休止へ 社会

    安全確保が困難

     花火大会をメインとした鶴見区三大区民祭りの一つ、「鶴見川サマーフェスティバル」が、今年から2年間、休止となることが決まった。実行委員会は、観客の増加...(続きを読む)

    6月13日号

  • 外遊びの安全確保に苦悩

    横浜市内認可保育園

    外遊びの安全確保に苦悩 社会

    4割が狭い園庭

     大津市の園児死亡事故から1カ月、市内でも安全対策が進む中、保育現場からは「これ以上どうすれば」という困惑の声も聞かれる。特に園外での活動が日常的に必要となる、...(続きを読む)

    6月6日号

  • 外遊びの安全確保に苦悩

    横浜市内認可保育園

    外遊びの安全確保に苦悩 社会

    4割が狭い園庭

     大津市の園児死亡事故から1カ月、市内でも安全対策が進む中、保育現場からは「これ以上どうすれば」という困惑の声も聞かれる。特に園外での活動が日常的に必要となる、...(続きを読む)

    6月6日号

  • 向日葵育て、復興支援に

    末吉中学校

    向日葵育て、復興支援に 社会

    福島思い 3委員会が協力

     末吉中学校の生徒たちが向日葵を育て、福島に種を送り、復興支援を行う「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加している。5月29日には、向日葵の種を学校の...(続きを読む)

    6月6日号

  • 「沖縄」テーマに初のガイド

    「沖縄」テーマに初のガイド 社会

    鶴見区 観光ツールに

     鶴見区(森健二区長)は先ごろ、区内に点在する沖縄ゆかりの店舗などを紹介する「沖縄タウン鶴見マップ」を製作した。特化した形のマップは初の試み。区役所や...(続きを読む)

    5月30日号

  • 市、夏までに詳細周知

    幼児教育・保育無償化

    市、夏までに詳細周知 社会

    コールセンター開設も

     幼児教育・保育を10月から無償化する改正子ども・子育て支援法が5月10日、国会で成立した。無償化に伴う事務を担う横浜市は、実施に向けた準備を進めており、夏休み...(続きを読む)

    5月30日号

  • 全校で当日注文可能に

    ハマ弁

    全校で当日注文可能に 教育

    今月28日からスタート

     横浜市は市立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」の喫食率向上を目指し、5月28日から全145校で当日注文を開始する。メインのおかずをボリュームアップするなど...(続きを読む)

    5月23日号

  • 港の消防強化に新部隊

    港の消防強化に新部隊 社会

    鶴見水上出張所 湾内守る

     寄港する大型クルーズ船の増加やコンテナ船の大型化が進む横浜港で港湾消防力を更に強化していくため「水上消防救助部隊」がこのほど発隊した。5月13日、鶴見消防署・...(続きを読む)

    5月23日号

  • 区内3対象が表彰

    横浜人まちデザイン賞

    区内3対象が表彰 文化

    緑化や防災など高い評価

     横浜市が優れた地域まちづくりに功績のあった活動や、都市景観の創造・保全に寄与する建築物などを隔年で表彰する「横浜人まちデザイン賞」の9回目となる表彰式が5月9...(続きを読む)

    5月16日号

  • 生活困窮者の早期支援へ

    横浜市

    生活困窮者の早期支援へ 社会

    全区でネットワーク構築

     横浜市は2019年度、生活困窮者を早期把握して支援につなげようと、昨年度に栄・緑両区で実施していた「地域ネットワーク構築支援事業」を全区に拡大する。各区は地域...(続きを読む)

    5月16日号

  • 未来につなぐ大黒が

    未来につなぐ大黒が"開港" 社会

    令和から始まるまちづくり

     新時代「令和」の幕が開けた。横浜市の推計によると、鶴見区は今後20年以上にわたり人口増加が予想されている。人口のピークとされる2042年(令和24)...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「令和」は世界につながる元号

    「令和」は世界につながる元号 文化

    『万葉集』研究の鶴大・新沢教授が解説

     『万葉集』の「梅花歌三十二首」の序文から採られた新元号「令和」。鶴見大学図書館では改元に合わせ、所蔵する江戸時代後期の『万葉集』など貴重書3点のほか...(続きを読む)

    5月1日号

  • 街の魅力伝える「案内役」に

    街の魅力伝える「案内役」に 社会

    商大、地域らが養成講座

     まちの魅力の発信役を担う「鶴見コンシェルジュ」の養成講座が、5月9日から開講する。全12回の講座では、講義やまち歩きを実践。得た知識をさまざまな活動でいかして...(続きを読む)

    4月25日号

  • 未就園児の安全確認 推進

    横浜市

    未就園児の安全確認 推進 教育

    家庭訪問で虐待防止へ

     横浜市は今年度、児童虐待防止の観点から保育所や幼稚園などに所属していない未就園児らの状況を把握するため、家庭訪問を行う。これまで以上に児童の安全確認・確保に努...(続きを読む)

    4月25日号

  • 第二会館を開設

    市場地区平安町

    第二会館を開設 社会

    防災・福祉の拠点に

     平安町町会(河西英彦会長)の2カ所目となる会館がこのほど完成し、4月13日、地域住民らに披露された。単一町会で会館を2つもつのは市内でも珍しいという。河西会長...(続きを読む)

    4月18日号

  • 「発展に向け、躍動する年に」

    「発展に向け、躍動する年に」 社会

    林市長、新年度の方針示す

     2019年度のスタートにあたり、本紙では林文子市長にインタビューを行った。ラグビーW杯やアフリカ開発会議など国際的なイベント開催をチャンスととらえ、積極的な投...(続きを読む)

    4月18日号

  • 家庭連絡にICT活用へ

    市立学校

    家庭連絡にICT活用へ 社会

    教員の負担軽減図る

     横浜市教育委員会は昨年3月に策定した「教職員の働き方改革プラン」に基づき、欠席連絡や配布物の効率化を目的に、メールや自動音声による情報共有システムを今月から市...(続きを読む)

    4月18日号

  • 「夢」実現のお手伝い

    ナイス(株)

    「夢」実現のお手伝い 社会

    上寺尾小・川越さん 一日社長に

     「あなたの夢叶えます」――建築資材流通大手のナイス(株)=鶴見中央=が、公募した利用者の夢を叶える企画を実施している。4月2日には、馬場在住で上寺尾...(続きを読む)

    4月11日号

  • 尾崎氏、川崎氏が連続トップ

    尾崎氏、川崎氏が連続トップ 政治

    地方選 市会7人、県会3人決まる

     第19回統一地方選挙の横浜市議会議員選挙と神奈川県議会議員選挙の投開票が4月7日に行われ、鶴見区では、7議席を14人で争った市議選で、尾崎太氏(公明)が3期連...(続きを読む)

    4月11日号

  • 外国人材 受入体制強化へ

    横浜市

    外国人材 受入体制強化へ 社会

    11言語対応窓口を設置

     法改正により就労条件が緩和され増加が予想される外国人。横浜市では総合的な情報提供や相談を行う新拠点開設などを新規事業に掲げ、外国人の受入環境整備を強化する。一...(続きを読む)

    4月4日号

  • 新棟建設、医療面拡充へ

    済生会東部病院

    新棟建設、医療面拡充へ 社会

    事務機能移し本棟改修

    済生会横浜市東部病院=下末吉=が、医療機能拡充に向けた取組として、敷地内に新棟を建設し、事務機能の一部を移転させることがわかった。新棟はこの4月から着...(続きを読む)

    4月4日号

  • 市会14人、県会6人、群雄割拠の大乱戦

    あす告示統一地方選

    市会14人、県会6人、群雄割拠の大乱戦 政治

    ともに定数の倍 屈指の激戦に

     あす3月29日告示、4月7日投開票の日程で行われる横浜市会議員選挙と神奈川県議会議員選挙。鶴見区からは、定数6から7に増える市会に現職5人と元職1人、新人8人...(続きを読む)

    3月28日号

  • ながらスマホの怖さ学ぶ

    鶴大附属高生

    ながらスマホの怖さ学ぶ 教育

    自転車VRで体感 auが企画

     鶴見大学附属高校(亀山仁校長)=鶴見=の生徒27人が3月19日、“自転車ながらスマホ”の怖さについて、仮想現実・VRを使いな...(続きを読む)

    3月28日号

  • 食と音楽はしごの新企画

    区内在住ミュージシャン

    食と音楽はしごの新企画 文化

    鶴見駅東口3店で14日

     飲食店の食事やお酒を味わいながら、音楽を楽しむイベント「鶴見 de ドンチャンショー」がJR鶴見駅東口周辺で4月14日に初開催される。区内在住のミュ...(続きを読む)

    3月28日号

  • スプレーで描く百景が完成

    馬場在住郷右近さん

    スプレーで描く百景が完成 文化

    横浜の魅力表現し20年

     家庭用ペンキスプレーで横浜の風景などを描く郷右近健二さん=馬場在住=がこのほど、目標としていた百景を完成させ、4月3日から14日まで横浜市民ギャラリ...(続きを読む)

    3月21日号

  • 10年後へタイムカプセル

    鶴見銀座

    10年後へタイムカプセル 社会

    平成最後に特別企画

     京急鶴見駅すぐの鶴見銀座商店街(岡野誠一理事長)が、平成最後となる4月の商店街イベントの中で、10年後の自分に手紙を書くタイムカプセル企画を行う。封...(続きを読む)

    3月21日号

  • 体育館にエアコン設置へ

    横浜市

    体育館にエアコン設置へ 教育

    夏までに数校で試験導入

     猛暑などの環境変化から、エアコン設置の議論が熱くなっている。横浜市は市立学校体育館への空調設備設置を検討するため、2019年度当初予算案に500万円を計上した...(続きを読む)

    3月14日号

  • 原交番が廃止へ

    原交番が廃止へ 社会

    生麦と統合 機能向上ねらい

     生麦の原交番=生麦3の8の6=が3月31日に廃止され、生麦交番=生麦5の14の6=と統合することがこのほど分かった。県警の推進する交番の適正配置計画の一環。鶴...(続きを読む)

    3月14日号

  • 大腸がん検診を無料化へ

    横浜市

    大腸がん検診を無料化へ 社会

    受診者増目指す

     横浜市は、大腸がん検診の自己負担額を今年4月から無料化する。大腸がん検診は、2016年度に国の無料クーポンが廃止され受診者数が減少していた。市は無料化に対して...(続きを読む)

    3月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク