鶴見区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

「心の復興」に力尽くす 精神科医が被災地支援

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
野末 浩之医師
野末 浩之医師

 区内の2人の精神科医が、東日本大震災で被災した宮城県石巻市などを訪れ、被災者の心のケアにあたっている。医師らは、「ケアにはまだ長い時間が必要」と、今後も支援を継続していくつもりだ。

 現在も1万人以上が仮設住宅での生活を送っている石巻市。現地では、地域とのつながりを失くしたり、自宅の再建になかなか目途が経たないなど、様々なストレスが被災者の心の不調につながっているという。

◇◇◇

 うしおだ診療所=本町通=の野末浩之医師は、精神科医師を派遣し、精神疾患の疑いのある仮設住宅への訪問や健康相談などを行う「からころステーション」(一般社団法人震災こころのケア・ネットワークみやぎ運営)の活動に参加し、2カ月に一度石巻を訪れている。活動を始めたのは2013年の秋。このタイミングには理由があった。「震災直後から、精神科医として何かしたいと思っていたが、震災からすぐは支援が集まりやすかったと思う。時間が経ち震災への関心が薄まりつつある時期にこそ行きたかった」

 更地のままの現地を訪れ、進まない復興の現状を目の当たりにした野末医師。震災から3年経った今も心の不調を抱える人は減っていない実感がある。「ケアにはまだ長い時間が必要」と野末医師は話す。

◇◇◇

 小原クリニック=鶴見中央=の小原博医師は、野末医師が支援活動を始めるきっかけになった人物だ。震災直後の11年5月から被災地の支援を続ける姿が、野末医師の背中を押した。小原医師もまた「からころステーション」の活動に参加し、被災者の心と向き合っている。

◇◇◇

 「震災直後は、ある意味被災者に活気があった」。避難所で互いに肩を寄せ合うようにして暮らす被災者たちには、「助け合い頑張って生きよう」という思いが感じられた。被災体験を「聞いてほしい」という人も多かったという。

 その後被災者の多くが入居した仮設住宅は、プライバシーが確保される一方、それまでのコミュニティーを確保することが難しく、被災者同士の交流は減ってしまった。医師の訪問も「何しに来たんだ」と心を閉ざし拒む人も多いという。「被災者は今、孤独に見える」と小原医師は言う。

◇◇◇

 「『行って意味があったのか』としょぼくれて帰ってくることも多い」というほど地道な支援活動。しかし、不安を抱え込んだ被災者がいる限り「働く余地はある」と小原医師は考えている。「家に訪問すると、『誰にも話せず、死にたかった』という人に出会うこともある。たった一人でも元気になってくれるのであれば、これからも続けていきたい」。被災者の心の復興のために、2人の医師は人々に寄り添い続ける。

小原 博医師
小原 博医師

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク