鶴見区版 掲載号:2014年9月4日号 エリアトップへ

花月園跡地都市計画 市素案まとまる マンションに不満の声も

社会

掲載号:2014年9月4日号

  • LINE
  • hatena
計画素案
計画素案

 横浜市は花月園競輪場跡地等(約10・7ヘクタール)=鶴見一丁目ほか=における都市計画市素案説明会を8月24日・25日、東台小学校と鶴見公会堂で開催した。同跡地には防災公園と集合住宅などが整備される方向性が示されているが、住民からはマンションが建つことへの不満も多い。

 素案によると、花月園競輪場跡地には災害時に避難拠点となる防災公園と、計700世帯が入る3棟のマンションが建てられ、道路や広場などの緑地も整備される予定。

 同跡地は、隣接する旧JFE岸谷社宅と併せてUR都市再生機構によって整備されることが、決定されていた。3月には都市計画説明会も開かれ、市は住民に計画概要を伝えていた。

住民に募る不安

 しかし、マンション建設に関して、「近隣の東台小学校の児童受け入れが困難」などといった理由から、住民の不安は根強い。とある近隣住民は「そもそも公園を整備するという話が、いつの間にかURが絡んでマンションが建つことになっていた」と憤る。

 都市整備局企画部企画課の大石龍巳課長は「建物に圧迫感が出ないように工夫した」と説明。住民らに理解を求めているが、ほかの住民は「この説明会も、住民の意見を聞いたという事実を作りたいだけなのではないか」と懸念する。

 また、防災公園に関しても、「木や緑を全て伐採するのではなく、今あるものを活かすことはできないのか」などといった声も上がっている。

広域避難場所として課題

 災害時の広域避難場所として指定されている同跡地は、工事中にどこへ避難すればいいのかといった問題や、生見尾踏切が廃止されることで、生麦をはじめとした海側からの避難経路が遮断されてしまうなど、避難場所としての課題が多く残されている。

 大石課長は「工事中の対策や海側の避難経路については、これから対策を検討していく。まとまった土地を活かせるチャンスは少ないので、地元のまちづくりに利するものにしていきたい」と意気込む。

 ある住民は「市とけんかしながらやってもだめ。なんとかもう少し使いやすいものにできないか、あきらめずに交渉していく」と話している。

 今後は9月に公聴会を開いたうえで都市計画原案を作成し、年内に計画決定を行う予定だという。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の野菜

県農協青壮年部

医療従事者へ感謝の野菜 社会

園児から絵の贈り物も

8月6日号

9割はネット広告から

市内通販トラブル

9割はネット広告から 経済

前年度から相談倍増

8月6日号

子育て地図、英語版を改訂

つるみままっぷ

子育て地図、英語版を改訂 社会

WEBも活用、情報幅広く

7月30日号

横浜新市庁舎に開業

市民協働推進センター

横浜新市庁舎に開業 社会

地域団体などの活動拠点に

7月30日号

激励と感謝込め、大輪75発

總持寺

激励と感謝込め、大輪75発 社会

密避け”サプライズ花火”

7月23日号

コロナ長期化9割「影響ある」

コロナ長期化9割「影響ある」 経済

市調査で企業回答

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク