鶴見区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

鶴見大 司書・司書補講習60年 日本の図書館界をけん引

社会

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
文科省担当者による記念講演
文科省担当者による記念講演

 関東地区の大学では最も古くから行われている鶴見大学の司書・司書補講習が60周年を迎え、9月13日、同大で記念式典や祝賀会などが開かれた。

関東地区で最古

 鶴見大学の司書・司書補講習は、前身となる鶴見女子短期大学が開学した翌年の1954年から、文部省(当時)認定の司書講習、文部大臣委嘱の司書補講習として始まった。戦後、1950年に図書館法が公布された4年後のことだった。

 50年代から現在でも継続している大学は鶴見大と愛知学院大の2校のみで、関東地区では同大が最も古くなっている。

 開講当初から、前期・後期や土日、夜間と、形態を変えて行われ、現在は大学生が夏休みとなる7月中旬から9月中旬までの2カ月間に集中して実施。全国でも講習を受けられる大学が限られていることから、受講者は各地から訪れ、修了者は開講から現在までで、約1万5千人に上る。

「貢献は多大」

 式典には文部科学省などからの来賓をはじめ、過去の受講者らが出席。伊藤克子学長は「本学の修了者が全国で活躍しているのは大きな誇りと自信。社会貢献として今後も継続していくことが使命」とあいさつ。(公社)日本図書館協会の山本宏義副理事長は「日本の図書館界への貢献は多大」と称え、「さらなる優秀な人材の輩出を」とエールを送った。

※司書は、公共図書館等に勤務する図書の専門職。司書補はその補助を担う。資格取得には大学や短大で必要科目を履修するか、大卒又は高専卒者で講習を受講するなどがある。講習は今年度現在、司書が全国12大学、司書補が5大学で実施されている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク