鶴見区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

(PR)

介護付有料老人ホーム「アミーユレジデンス小倉」 楽しいを諦めない「生活」で大きな支持 見学相談随時・急な入居にも対応 入居一時金0円

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 胃ろう等の医療行為や認知症、重度疾患から、人生の最期を温かく見送る看取りまで介護と医療の連携による幅広い対応力と、利用者個々に合わせた自由度の高い生活スタイルが特長の『介護付有料老人ホームアミーユレジデンス小倉』が、昨年の12月の開所以来、大きな支持を集めている。

 特に大きな魅力が、アミーユレジデンスが目指す「ありがとうと言われるサービスの提供」だ。

「楽しいをあきらめない」これがアミーユ流

 これは、利用者の体調や状況で諦めていた「自分らしさ」を実現させてくれると人気。買い物に外食といった日常生活は勿論、生きがいに通じる趣味や地域活動などやりたいと願うことをサポートしてくれる。

 実際に同施設では利用者やその家族の要望に耳を傾け、「何とかできないか」と企画している。「植物の写真が撮りたい」という方には、付き添いで植物園での撮影を実現。カラオケが大好きな利用者は、家族と共にボックスを訪れた。利用者からは「できると思わなかった」と喜ばれるだけでなく、家族からも感謝され、次の提案の活力になったという。

 「自分らしく我が家のように人生を満喫できる環境を作ること。それが我々の役割です」と話すのは同施設の向さん。施設スタッフとともに利用者の声に耳を傾け、充実した人生の実現に知恵を絞る。苦労だと思ったことはない。むしろ「ありがとう、と言われる喜びがスタッフを元気づけてくれている」とも話してくれた。

地域住民とともに歩む

 また、同施設では地域との連携強化も進めている。地元町内会などと協力した教室やイベントの準備を進め、利用者と地域の人たちの絆づくりを進めている。すでに2月には地元住民のグループに施設を開放した。地域住民と利用者との交流促進にもつながった。「利用者も地域住民のひとり。皆さんと一緒に生活を楽しめるようにしたい」。そのためにも今後、施設の地域活用に門戸を開いていきたいとも話す。

即日入居に対応終のすみかにも

 オープンから既に半数以上が埋まったアミーユレジデンス小倉は、即日入居にも対応している。先日も退院を余儀なくされた方が急きょ入居。家族の希望もあり、医師と連携し看取ったという。最後の入浴など希望を叶えながらの見送りに感謝をされた。

 そんな同施設の魅力や生活ぶりがわかる見学会が2月21、22、28日、3月1日に開催される。希望者はお気軽に問合せを。当日参加も歓迎。

アミーユレジデンス小倉

〒212‐0054 神奈川県川崎市幸区小倉 5-8-5

TEL:0120-698-033

https://www.amille.jp/home/home/303

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.3「天然由来の成分で健康維持を!」

10月15日号

川崎校を新規開校

私立中学専門啓進塾

川崎校を新規開校

JR川崎駅西口徒歩5分

10月15日号

快適ゴルフ練習場が人気

快適ゴルフ練習場が人気

施設やサービス充実

10月15日号

住替えや相続物件、まずは相談を

東京建物不動産販売

住替えや相続物件、まずは相談を

プロが親身になってアドバイス

10月8日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

10月8日号

市有地を売却

横浜市

市有地を売却

今年度は郵送での申込

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク