鶴見区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

矢向・江ケ崎の記憶、冊子に 7町会協力し編集

社会

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
完成した冊子
完成した冊子

 矢向・江ケ崎地区7町会の住民らがこのほど、地元の歴史や文化をまとめた冊子『わがまち矢向・江ケ崎―未来への夢を育むふるさとの記憶』を完成させた。編集委員は「地区内みんなの協力でできたもの。資料だけじゃなく、記憶がつまっている」と胸を張る。

 冊子は、A4判でオールカラー全64ページ。各町会から推薦された編集委員ら12人が、約1年をかけ、地域住民から資料収集や記憶の聞き取りなどを実施。多くの古写真や戦争体験談といった歴史、地元で古くから行われてきた年中行事の資料などを集めた。

 編集には矢向地域ケアプラザ職員や、鶴見歴史の会の齋藤美枝さんも協力。小学生にも理解できるようにと、文章も工夫し、小学生のインタビューコーナーや現在のまちの魅力も盛り込んだ。「歴史・文化・地域を柱にまとめた一冊」となっている。

地区内全校に配布

 製作費用は、鶴見区の補助金制度「地域のつながり応援事業」の30万円と、寄付金を募り充当。初回は5千部印刷し、矢向小、新鶴見小、矢向中学校の全児童・生徒らに配布するほか、町会役員などに配るという。

 今後は、残った500部ほどを6月1日から頒布する予定で、矢向ケアプラに閲覧用も設置される。

次世代に残す

 製作のきっかけは、昨春、ケアプラで行った古写真を集めた展示会。「たくさん集まったのだから、冊子を作ろう。地域の記憶を次世代に残したい」と、昨年3月から月1回ほど編集会議を行ってきたという。

 編集委員長を務めた江ケ崎町の鴨志田正晴さんは「表に出ていない資料などもたくさんあった。掘り起こせたことは有意義だった」と振り返る。

 協力した齋藤さんは「地元の人でなければ集められない内容。皆さんの熱意が作り上げたもの」と話す。

 編集委員は以下の通り。敬称略・順不同。

【委員長】鴨志田正晴(江ケ崎町)【委員】▽遠藤幸治(矢向一丁目)▽高橋充(矢向南町)▽大橋保紀(矢向三丁目)▽近藤誠(同)▽児玉昭二(同)▽阿保洋子(矢向四丁目)▽鈴木徳輝(矢向五丁目)▽松崎和江(矢向六丁目)▽黒川修三(江ケ崎町)▽鴨志田潔(同)▽齋藤美枝(編集工房 藍)

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

独自に臨海フェス

区内2連合会

独自に臨海フェス 社会

「コロナだからこそ」と企画

10月21日号

卒業生の著書コーナー新設

県鶴図書室

卒業生の著書コーナー新設 教育

「生徒の刺激に」 120冊

10月21日号

新人4氏が議席争う

衆院選神奈川3区

新人4氏が議席争う 政治

小此木氏辞職で現職不在

10月14日号

交流促進にシールラリー

矢向・市場地区

交流促進にシールラリー 社会

コロナでも活動模索 29日に

10月14日号

ブレイキン関東甲信越でV

ワープス竹中さん、間瀬さん

ブレイキン関東甲信越でV スポーツ

五輪へ続く大会に臨む

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook