鶴見区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

語り継ぐ、潮田の記憶 仲通在住 林 正己さん

社会

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
当時の区内の地図を見せる林さん
当時の区内の地図を見せる林さん

焼け野原を歩いて

 「家を焼け出され、食うものもなく、本当に極限の状態の中で生きていく。体験した一人として語り継がなくては」

 潮田に生まれ、この地区の語り部の一人として活動する林正己さん(87)。地区センターや学校、依頼があれば出向いていく。持参する資料は、近隣の体験者の話を聞き取って集めた貴重な生の声の数々だ。「もう大分亡くなってしまった」

 鶴見や川崎上空を200機のB29が覆い尽くした1945年4月15日、鶴見大空襲の日。国鉄に入社後すぐだった林さんは、浜川崎に勤務していた。

 「空襲警報が鳴ったら町へ逃げる。そんな決まりがあった」。空襲の夜、逃げたあと、町から見た職場は燃えていたという。

 工場には爆弾、町には発火性の薬剤が入った焼夷弾が降り注いだ。「一面焼け野原だったよ。家もなくなった」。浜川崎から歩いて帰る途中、近所の知り合いの遺体を見た。「大柄な人だったのに、小さく丸まっていた。人ってあんなになるんだと思った」。焼きついた光景をそう漏らす。

 同年3月にあった東京大空襲後、父が現在の横浜商科大学付近の畑を買い、いつでも逃げられるようにと、ほったて小屋を作っていた。電気も水もなかったが、幸い、家族は全員無事だった。

   ◇   ◇   ◇

 「アメリカと戦争したことを知らない子もいる」。体験者がだんだんと減る中、戦争を伝える意味は大きくなる。「戦争はやっちゃいけないこと」。貴重な声とともに、語り続ける。

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

世界レベルの技を披露

区内在住ジャグラー

世界レベルの技を披露 スポーツ

潮田地区センで26日

1月23日号

災害ボラ受入を体験

災害ボラ受入を体験 社会

区民ら140人が訓練

1月23日号

推進の集い2月22日に

福祉保健計画

推進の集い2月22日に 社会

1月23日号

親子の広場が移転

親子の広場が移転 教育

 馬場キッチュ 耐震問題を解決

1月23日号

園児の踊りで元気に

園児の踊りで元気に 社会

潮田西部社協が交流会

1月23日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク